自動車保険の割引制度まとめ

自動車保険は等級などによって割引されるのはもちろ
んのこと、各種様々な割引制度も用意されています。

 

しかし、種類があまりにも多いことから、どんな割引がある
のかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

自分の場合に適用できる割引項目をチェックしてみましょう。

 

「ゴールド免許割引」

 

保険契約の始期日時点で、ゴールド免許で
あればゴールド免許割引が適用できます。

 

ゴールド免許とは5年間無事故無違反でいるともらえる免許
証ですが、ゴールド免許だと有効期限の部分がゴールドの帯
になっており、条件の箇所に優良とも書かれています。

 

割引率は保険会社によってて異なり、5%〜20%程です。

 

契約期間中に免許の色がブルーになった場合

 

契約期間中にブルー免許になってしまう事も考えられますが、こ
の場合でも契約満期まではゴールド免許割引が適用され続けます。

 

重要なのは、始期日時点での免許がゴールドかどうかということです。

 

逆に、契約中にブルーからゴールドになったとしても、更新
時まではゴールド免許割引は適用されませんので要注意です。

 

免許の更新期間中に契約を始めるレアケースはどうなる?

 

中には免許の更新期間中(誕生日より前後1ヶ月)
に契約を開始するレアケースもあると思います。

 

この場合、ゴールド免許割引が適用されるのは以下の2パターンです。

 

・更新すればゴールド免許にできる場合
・もともとゴールド免許だったが更新するとブルー免許になる場合

 

これらについては、保険契約開始日の免許の色
に関わらずゴールド免許割引が適用されます。

 

これからブルー免許になる人もゴールド免許割引が適用され
るのは意外ですが、申請をし忘れないように注意しましょう。

 

記名被保険者が変わる場合は変更日の免許の色で判断される

 

契約中に記名被保険者(運転する人)が変わる可能性もなくはありません。

 

この場合は変更の手続きを行う必要があります。

 

割引が適用されるかどうかは、記名被保険者の免許
の色が変更日に何色かということで決められます。

 

もしブルー免許だった場合には、割引が適用されなくなるのが一般的です。

 

「運転者年齢限定割引」

 

運転者年齢限定割引とは、運転者の年齢
を限定することで受けられる割引です。

 

21歳以上・26歳以上・35歳以上の枠が設けられ
ており(30歳以上を設定している保険会社もあ
り)、年齢が上がるほど保険料が安くなります。

 

割引率が大きいのが特徴で、一番下の21歳以上の
枠でも50%前後、一番上の35歳以上だと70%を
超える割引率を設定している損保会社もあります。

 

契約中に誕生日を迎えたらすぐに適用可能

 

運転者年齢限定割引は、契約中に誕生日を迎え
て条件を満たした場合でもすぐに適用可能です。

 

その場合はすぐに保険会社に連絡するようにしましょう。

 

月払いの方は月々の支払額が安くなり、1年間の保険料
を前払いしている場合は差額分を返還してもらえます。

 

ドライバーの中の最年少の人に合わせる

 

年齢の設定は、車を運転する人の中で最年少
のドライバーに合わせなければなりません。

 

ただし、別居中の子供や友人を含める必要はありません。

 

年齢条件に含めるのは以下の人達です。

 

・記名被保険者
・記名被保険者の配偶者
・記名被保険者と同居の家族

良い例

運転者年齢限定割引 30歳以上
運転者限定割引 無し
事故状況 28歳の知人に運転を代わってもらったら事故が発生


このように、運転者限定割引を設定しないようにすれば運転者
年齢よりも若い人が事故を起こしても問題なく補償されます。

悪い例

運転者年齢限定割引 30歳以上
運転者限定割引 家族型
事故状況 28歳の知人に運転を代わってもらったら事故が発生


この場合は運転者限定割引も適用されないため、
補償が受けられませんので十分に注意しましょう。

 

「運転者限定割引」

 

運転者限定割引は、運転者を限定することで割引が適用される制度です。

 

限定の範囲には以下の4つがあります。

 

・本人限定
・配偶者限定
・家族限定
・限定なし

 

本人限定が一番割引率が高く7%前後、家
族限定が一番低く1%前後の割引が適用。

 

運転者限定割引より割引率は見劣りしますね。

 

別居中の未婚の子も家族に含まれる

 

この割引において家族に含まれるのは以下の人達です。

 

・記名被保険者
・記名被保険者の配偶者
・記名被保険者または配偶者と同居の親族
・記名被保険者または配偶者と別居の未婚の子

 

契約中にスポットで限定範囲を変更しても良いか?

 

夏休みに帰ってくる大学生の息子が車を運転するから、範
囲を家族にしているという方もいらっしゃると思います。

 

しかし、この場合はもう少し範囲を限定しても構いません。

 

というのも、保険会社に8月1日〜8月31日までは息
子が運転しますと申告すれば、その期間だけスポッ
トで家族限定を適用させることもできるからです。

 

こうしておけば、息子が運転しないその他の期間は本
人限定とか夫婦限定とかで計算されるので、1年中家
族限定にしておくよりも保険料が抑えられます。

 

「セカンドカー割引」

 

セカンドカー割引とは、2台目以降の車を7S
等級からスタートさせられるお得な制度です。

 

普通なら6S等級からスタートするところを7S等級からスタートで
きるので、年間で数万円もの保険料の差が生まれることもあります。

 

記名被保険者は1台目の記名被保険者の配偶
者、または同居の親族まで許されていますか
ら、家族にぴったりな保険でもあります。

 

例えば、一緒に住んでいる父・母・子で車を持つ場
合、セカンドカー割引を適用できるということです。

 

ただし、セカンドカー割引を使うには以下の条件を満たす必要があります。

 

@1台目の等級が11等級以上であること
A2台目の車は今回が初めての自動車保険契約であること
B2台目の記名被保険者・所有者が1台目の記名被保
険者・所有者の配偶者または同居の親族であること
C個人契約であること
D1台目・2台目ともに用途・車種が次の8種であること
・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪乗用車
・自家用四輪貨物車
・自家用小型貨物車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・特殊用途自動車(キャンピング車)のことを指します

 

「ASV割引(自動ブレーキ割引)」

 

ASV割引とは、先進技術が搭載された車に適用される割引です。

 

ASV割引が適用されるには以下の条件を満たす必要があります。

 

・自家用普通車・小型乗用車でAEB(自動ブレーキ)を装着する発売後3年以内の型式
・自家用軽乗用車でAEB を装着する全型式

 

簡単に言うと、発売から3年以内の自動ブレーキを搭
載している車(3・5・7ナンバー)と自動ブレーキを
搭載している軽自動車が対象になるということです。

 

ASV割引の割引率は9%で統一されています。

 

「新車割引」

 

新車を購入した場合に見逃せない割引が新車割引です。

 

初年度登録から25ヶ月以内の自家用乗用車に適用で
き、最大で3年間新車割引を受けることができます。

 

普通・小型乗用車の場合は10%前後の割引とな
るところもありますが、軽自動車には20%を超
える割引を適用させている保険会社もあります。

 

「エコカー割引」

 

ハイブリッド型自動車や電気自動車など、地球環境に配慮され
た車両にはエコカー割引を用意している保険会社があります。

 

契約する車が自家用乗用車のエコカーで、初年度登録
から13ヶ月以内であればエコカー割引が適用可能です。

 

つまり、エコカー割引は最大でも2年しか適用できません。

 

割引率は3〜7%ほどです。

 

また、エコカーに認定される可能性のある車は以下の通りです。

 

・ハイブリッド自動車
・電気自動車
・燃料電池自動車
・天然ガス(CNG)自動車
・メタノール自動車
・液化石油ガス(LPG)自動車

 

各保険会社によって対応している車は異なりますので、
自分の車は適用されるか保険会社に確認しましょう。

 

「福祉車両割引」

 

高齢者や障害者が便利に乗車できるような機
能の付いた車を福祉車両と言いますが、福祉
車両には福祉車両割引が適用されます。

 

割引率は3〜7%程になる場合が多いです。

 

エコカー割引との併用ができないため、どちらにも
当てはまる場合は割引率の高いほうが適用されます。

 

「インターネット割引」

 

インターネット割引は、自動車保険の申し込
みをネットから行うと適用される割引です。

 

割引のされ方は以下の3つがあります。

定額型

あらかじめ決められた一定額を割り引く方法。
例)5万円の保険料でも10万円の保険料でも1万円の割引が適用される。

保険料型

保険料に応じて決められた額が割り引かれる。
例)5万円なら1万円、10万円なら2万円など

割合型

保険料に割引率をかけて割引を決定する方法。
例)5万円×10%=5,000円の割引、10万円×10%=1万円の割引


「早期割引」

 

保険開始日から1ヶ月以上前に申し込むことで受けられる早期割引です。

 

早割のために設定されている日数は保険会社によって異なり
ますが、少なくとも30日前には申し込まないといけません。

 

500円前後の割引が受けられます。

 

「証券不発行割引」

 

保険証券をペーパーレス、つまり電子化した場合に受けられる割引です。

 

こちらも500円前後の割引が受けられます。

 

「継続割引」

 

同じ保険会社を継続して使うことで受けられるのが継続割引です。

 

1%前後の割引か数百円の割引が受けられます。

 

 

ここまで紹介した以外にも、保険会社によって
は独自の割引を提供している場合が多いです。

 

また、割引の組み合わせによっては大きく保険料
を抑えることもできますので、きちんと仕組みを
理解したうえで的確に割引を適用させましょう。

 

わからない点があれば代理店に聞くのはもちろん、最近ではイ
ンターネットで手軽に保険料の見積もりを取れるようになって
いますから、保険料が高いと感じている方は一度ネット見積も
りで補償内容及び保険料を見直してみることを推奨します。

 

>>自動車保険一括見積りサイト

 

>>ネット型か?代理店型か?のページに進む

 

自動車保険口コミTOPに戻る