車を手放すなら中断証明書を忘れずに

仕事や引越しなどの環境の変化に伴い、
車が必要なくなるという人もいるでしょう。

 

その場合、車の処分と同時に自動車保険も解約することになります。

 

この時に忘れてはいけないことが、中断証明
書を保険会社から発行してもらうことです。

 

自動車保険は、被保険者のノンフリート等級によっ
て保険料の割引額が異なるのはご存知だと思います。

 

しかし、一度自動車保険を中断してしまうとノ
ンフリート等級の情報は失効してしまいます。

 

それゆえ、次に自動車保険を契約した時には6等級に戻ってしまうのです。

 

二度と車に乗らないなら別に気にすることではありません
が、先々車に乗ることになる可能性は十分考えられます。

 

このような時に、長年積み上げてきたノンフリート等
級を一時的に保管しておく制度が中断証明書なのです。

 

中断証明書を発行しておけば、自動車保険の失効
時から10年間ノンフリート等級が保存されます。

 

つまり、自動車保険の解約から次の自動車保険契約
までが10年以内であれば、前の契約時のノンフリー
ト等級を利用して自動車保険を再開できるのです。

 

とても有用な制度ですが、意外に忘れが
ちなので覚えておいて損はないでしょう。

 

「中断証明書の発行方法」

 

中断証明書は自動車保険を解約する際に、現在契約して
いる保険会社(共済組合)からもらうことができます。

 

解約の際に保険会社の担当者から聞かれることも
あるかもしれませんが、加入者から請求するのが
基本ですのでその点は認識しておきましょう。

 

また、中断証明書は任意保険の解約日(満
期日)から13ヶ月以内に発行が可能です。

 

解約時に中断証明書のことを知らなくても、13ヶ月以内なら間に合います。

 

13ヶ月以内に自動車保険を解約した方がいたら、
保険会社に問い合わせることをおすすめします。

 

またノンフリート等級は一定の下で引継ぎをすることが
可能ですが、中断証明書を利用した引継ぎも可能です。

 

例えば、自分が高齢になったので運転をやめることにしたという
ような場合でも、未成年の子供が将来運転することが見込まれる
のであれば、中断証明書を発行しておけばその子供にノンフリー
ト等級を引継ぐことができるという画期的な制度なのです。

 

>>SBI損保の口コミ・評判のページに進む

 

自動車保険口コミTOPに戻る