搭乗者傷害保険

もともと自動車保険の傷害保険というのは搭乗者傷害保険しかありませんでした。

 

人身傷害保険というものがありますが、これは後からできた保険なんです。

 

さて、搭乗者傷害保険は自動車保険の中での傷害保険を指し
ていて、対人賠償保険とは異なり保険車両に搭乗している人
が事故により死傷した場合に使うことのできる保険です。

 

事故の相手方ではなく、自分たち側の事故
による傷害を補償する保険
ということです。

 

それと搭乗者傷害保険と似た内容の保険に人身傷害保険が
あり、ここ最近の自動車保険では、自動車保険の口コミや
評判を見てもわかるように、搭乗者傷害保険を付けないで
人身傷害保険だけにしている保険契約者が増えています。

 

この2つの保険は同時に付けることも可能で、そ
の場合は保険金もそれぞれ別々に支払われます。

 

両方とも付けると当然自動車保険料は高くなりま
すが、保険金額が支払われるタイミングも若干違
ってきますので補償としては手厚くなります。

 

また、どちらかだけということなら人身傷害保険の方が私はお
すすめと思っていますが、傷害補償を手厚くしたいと考える方
なら両方ともかけておくというのも無駄ではないと思いますよ。

 

なお、搭乗者傷害保険を使っても等級が下がるという
ことはありませんが、こちらにも過失があって対人・
対物賠償保険を使う場合は等級が下がってしまいます。

 

そして搭乗者傷害保険の保険金額は1,000万から2,000
万円の間で設定するのが多く、事故のケガによって死亡
した場合は契約した保険金額が1人につき支払われます。

 

なので1,000万円の契約で2人が死亡した場合は、死亡保
険金として2,000万円が支払われるということになります。

 

搭乗者傷害保険の保険金は搭乗中のケガや死亡時に支払われる
わけですが、実際に保険金が支払われるのはケガの場合、部位
と症状が確定し相手方との示談が成立してからとなっています。

 

「搭乗者傷害保険の主な特徴」

 

搭乗者傷害保険は、保険に加入している車に乗って
いる搭乗者が事故でケガをしてしまったり死亡して
しまった場合に過失に関係なく補償される保険です。

 

搭乗者には運転しているドライバーはもちろん、助手席や後部座席に
乗っている人を含めた車に乗っている人全員が補償の対象となります。

 

しかし、保険金が支払われないケースがあります

 

それは契約車両の契約者の故意による事故や、酒気
帯び運転、薬物中毒運転、無免許運転などによるケ
ガや死亡した場合には保険金は支払われません。

 

保険金支払いの対象者となるのは、車の運転席、助手席、後部
座席などに定員内で座っている人のみが補償の対象となります。

 

なので、トラックなどの荷台に乗っていた場合は対象にはなりません。

 

そしてこの搭乗者傷害保険は自分に過失がない事故で
も、搭乗者がケガをしたり死亡したりすれば補償の対
象になる上保険を請求しても等級は下がりません。

 

つまり、こちらが100%悪くてなおかつケガをし
た場合でも保険金が支払われるというものです。

 

また搭乗者傷害保険は加害者からの損害賠償金、自
賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく保険金が
支払われ、請求した場合も比較的スムーズに保険金
の支払いが行われるケースが多いのも特徴です。

 

事故相手の保険でこちらの治療費などがまかなえる
場合、自分の加入している保険は使わないという人
もいますが、搭乗者傷害保険は乗車中にケガをした
ら積極的に保険会社へ請求してみるといいでしょう。

 

搭乗者傷害保険の保険金の支払方法は2つのタイプがあります。

 

タイプ1:保険金額×入院・通院にかかった日数分の金額が支払われる日数払い

 

入院の場合、1日につき保険金額の0.15%、通院
の場合は0.1%が支払われるようになっています。

 

例えば1,000万円で契約した場合、入院1日につき15,000
円、通院の場合は10,000円が支払われるようになります。

 

ただし日数払いといっても、通院・入院にかかったすべての日数分
が支払われるのではなく、「平常の生活」もしくは「業務に従事で
きる程度」に回復するまでの期間分が支払いの対象になります。

 

タイプ2:ケガをした部位ごとに決められた金額が支払われる部位症状別払い

 

これは、例えばむち打ちは3万円、腕の骨折は30万
円、足の切断は150万円などとあらかじめ部位ごと
に決められた金額が支払われるというものです。

 

部位症状別払いの場合、回復に要した日数などとは関係なく、
部位ごとに決められた金額が支払われればそれで完了です。

 

毎月支払う保険料としては部位症状別払いの方が多少安いのですが、
大きなケガの場合は日数払いの方が安心感があるかもしれないですね。

 

どちらが良いかは様々なケースによっても違うし何
とも言えないところですが、保険会社によっては部
位症状別払いしか選択できないところもあります。

 

特に外資系の保険会社では部位症状別払いしか選べない
場合が多いので、契約時によく確認する必要があります。

 

>>無保険車傷害保険のページに進む

 

自動車保険口コミTOPに戻る