対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約は、交通事故の相手方
の車の修理費用が時価額を超えた場合にその
超えた部分の修理費用を補償する特約です。

 

通常、任意保険では対物賠償保険に加入しており、多く
の方がその限度額を無制限で契約していると思います。

 

ここで、「対物賠償は無制限なのに相手方の車の修理費用が超
過することなんてあるの?
」と疑問に思われるかもしれません。

 

実は対物賠償保険の無制限とは、修理にかかった実費
を無制限に補償するものではなく、法律上の賠償責任
がある額を無制限に補償するというものなのです。

 

そして、法律上の賠償責任の金額は、一般
的にはその車の時価額までとされています。

 

つまり、対物賠償保険の限度額が無制限でも、修理費用がその
車の時価額を超えた場合は全額補償されないということです。

 

自動車は新車で購入してから古くなるにつれて減価償却され、
10年後には購入時の約10%くらいの価値となってしまいます。

 

車の時価額は車種や年式・グレード・走行距離が同程度の中古
車相場から算出されますが、一般的には古くなればなるほど安
くなり、事故時の修理費用が時価を上回ることが多くなります。

 

このような状況を経済的全損と呼びます。

 

対物超過修理費用特約はこのような時に役立つ特約です。

 

例えば、交通事故を起こし相手の車の修理代が50万円かかり相手の
車の時価額が30万円だった場合、対物賠償保険から支払われるのは
30万円、残りの20万円が対物超過特約によって補償されます。

 

しかしこの例は、事故の過失割合が自分100%の場合です。

 

対物超過修理費用特約は過失割合に応じた額が支払われるのです。

 

「対物超過修理費用特約の補償範囲・限度額」
対物超過特約はほとんどの保険会社が補償限度額を50万円としています。

 

補償される条件として、事故を起こした日から6
ヶ月以内に車を修理することが必要になります。

 

そのため、相手が車を修理するのが遅れたり、車を修
理しない場合は適用されませんので注意が必要です。

 

「対物超過修理費用特約のメリット・必要性」
対物の賠償責任は時価額までのため、時価額分の支
払いを行えば本来の賠償責任は果たしたことになり、
修理費用全額を負担する必要は本来ありません。

 

では本来の賠償責任を超えて相手に補償するために、
わざわざ保険料を払って対物超過特約を付ける必要
はあるのかという疑問を抱いた方もいるでしょう。

 

対物超過特約を付ける最大のメリットは、示談交
渉を円滑に実施するための助けになることです。

 

仮に自分が過失ゼロのもらい事故の被害者になった
として、相手の保険で車の修理費用が足りず、被害
者なのに自分の車の修理のために自腹で20万円
支払う必要があったら到底納得できませんよね。

 

このように、被害者の立場からすれば、修理費が全額
補償されないなんて許せないという思いから示談交渉
が長引いたり、場合によっては補償されなかった額を
加害者自身が補償するよう要求される場合もあります。

 

また、双方に過失のある事故の場合、示談交渉が長引い
てまとまらなければ自分自身の車の補償も支払われない
ため、修理が進まないといったリスクも考えられます。

 

対物超過特約を付けておくことで、示談交渉にお
ける上記のようなリスクに備えることができます。

 

対物超過特約の年間保険料は保険会社、等
級にもよりますが、500円から2,000円程
度、平均的には1,000円程度と安価です。

 

交通事故の示談交渉は被害者、加害者どちら
にとっても精神的に大きな負担となります。

 

対物超過特約に加入することで示談交渉を円滑化できる
ことから、必要な特約と言えるのではないでしょうか。