対物賠償保険

対物補償は無制限でなくても良いと思う人は少なくは
なく、私自身も若い頃一番低い金額の対物補償にして
いましたが、これはずっと考えずに更新をしていた、
知人まかせの自動車保険だったからだと思っています。

 

周囲がネットで通販型の保険に加入することで何万
円か安くなっているのを聞いていましたが、知人の
代理店型自動車保険しか頭になかったのでした。

 

ですが昨年、追突事故に遭ったことで自動車保険の
ことを徹底的に調べるといろいろ見えてきました。

 

自動車保険比較サイトを知ってから、対人・対物、自損事
故などについての補償を気にかけるようになったんです。

 

一括見積りを請求した時のおすすめプランが対人
・対物ともに無制限とあるものが多いのを見て、
その理由は「なんだろう」と気になりだしました。

 

対物補償では数千万円もあればとんでもない事故を起こさ
ない限り大丈夫だろうと思う人は多く、無制限をおすすめ
られても無視する人が減らないようですが、自損事故が単
純なものばかりでないということを同僚の事故体験や自動
車保険の口コミ・評判などから理解できました。

 

車1台丸つぶれになったとしても大したことは
ありませんが、こちらが潰した車がその反動
でさらに他の物を破損することもあります。

 

ぶつかるのは車ばかりではありません

 

ニュースなどで、ショッピングセンターの店にぶつか
ってしまったなどというのも珍しくない事故なんです。

 

店の弁償、補修期間中は閉店にすることによる損失の補償なども物損です。

 

またガードレールを壊したり信号機にぶつかっ
た場合、その物の補修だけでは済まないのです。

 

自動車事故は気をつけていても起こります。

 

私の友人などは、飛び出してきた犬を避けるために急ハンドルを切
り、道路に面した民家のブロックとフェンスを壊してしまいました。

 

幸い、そこに人がいなくてホッとしたと言っていました。

 

フェンス程度の物損で大した金額を補償する
ことにはなかったにしても、日常茶飯事に突
然巻き込まれる自動車事故の世界です。

 

また、とてつもない補償を迫られることがあります

 

それは加害者になろうと被害者になろうと、過失割合分
あれば出費せざるを得ない部分ですから、自動車保険の更
新時には真剣に捉えて考えなければならない部分です。

 

最近は対人も対物も補償は無制限にし、搭乗者傷害や
人身傷害、自損事故、無保険車傷害、車両安堵の保険
をしっかりと考えてプランする人も増えています。

 

ダイレクトに加入できる通販型自動車保険ならコストが抑
えられる分、補償の範囲を広げ充実した深みのある自動車
保険
をプランする人が少しずつ増えてきているようです。

 

パッケージものもありますので、上手にチョイスすれば以前
より安価にして非常に補償の高い安い自動車保険となります。

 

自分で考えながら、そして学びながらプランすることで、自動
車保険の一つひとつの補償についての大切さが良くわかります。

 

「対物事故に無制限で対応する安心感」

 

自動車保険の口コミ・評判を見てみると、対物事故に
ついてそんな大きなものと考えていない人が多いです。

 

一般的に搭乗者補償や自損事故補償、無保険車補償については、
もともとのおすすめの金額どうりでいくら設定しているとも覚
えていないのですが、対人や対物については一番中心になると
ころですから、必ずいくらにしようかと自分で考えて決めます。

 

対人については無制限がおすすめであるため、最近の人身事故の
ニュースを見ても「なるほど」と身につまされるのですが、自分
自身の気持ちの上でも無制限が良いと思っているので、対物にお
いては無制限に補償するほどの事故というのはあり得るのかとつ
い考えてしまい、この程度かなと決めてしまいました。

 

おかげで自動車保険料がなおさら安くなって喜んで
いたのですが、誰しもその気持ちは同じで、車にぶ
つかっても物にぶつかっても数千万円を補償の上限
にしておけば十分に賠償できると考えています。

 

もしそれ以上の金額の賠償になる事故があるとしたら、
それはもう人身事故だろうと思っているので、対物に
無制限の補償を設定する人はまだまだ少ないようです。

 

ところが物損事故というのは当たるものによっては二重
三重の補償が必要になるため、1,000万円程度では済ま
ない事故が起きる可能性も増えてきているのです。

 

民家にぶつけて車を大破し、家の外壁も大破してし
まうとなると非常に大きな金額の修理費が必要です。

 

また、それが事故につながる営業用の物件などで
あった場合は、物件の修理だけでは済みません。

 

中の物品の補修や営業できなくなるための
損害など、非常に大きな金額になります。

 

そのような事故は自分が気をつけていても、横から確認なく
飛び出してきた車が自分の車にぶつかりいろんな物を壊して
しまったという場合も過失割合が0にはならないでしょうか
ら、負担をしなければならない場合もあるでしょう。

 

私の職場の取引先である男性がいるんですが、アクセル
とブレーキを間違えて人の家の壁と窓ガラスを壊したこ
とがあるそうで、その話を聞いてゾッとしましたよ。

 

他人事ではないと思いますし、対物事故に対す
る補償は無制限にしたほうが得策だと思います。

 

事故で補償が支払いきれず、自己負担になることが一番辛いことです

 

物損においてもあり得る借金地獄は免れたいと思います
し、これをきっかけに対物事故だけでなく、自損事故補
償と搭乗者補償などの金額もいろんな事故例を参照して
もう一度必要な金額に考え直し、少しでも安心できる自
動車保険の補償設定にしようと思っています。