走行距離が少ない人の自動車保険

車は持っているけれど意外と乗る機会が少ない、特に都市部
では公共交通機関が発達しているため、通勤は電車、車に乗
るのは土日だけという人もいるのではないでしょうか。

 

このような人に共通するのは、ほとんど乗らない車なのに結構高い
自動車保険に加入おく必要があるのか?ということだと思います。

 

自動車保険を解約するまではいかなくても、できるだけ安
い自動車保険があればうれしいという人がほとんどです。

 

自動車保険への加入は経済的に安いものではありませんね。

 

最低でも年間数万円、場合によっては10万円以上
の保険料を支払っている方もいらっしゃいます。

 

よく使う車なら納得いくかもしれませんが、あまり乗らない車にこれだ
けの費用を支払い続けるのはバカバカしいと感じることもあるでしょう。

 

しかし、決して車の任意保険を解約するのは厳禁です。

 

「自動車保険は自分だけのものではない」

 

車に乗るなら自動車保険に入るのは義務のようなものです。

 

運転する以上、交通事故は避けられない状況に遭遇するかもしれません。

 

被害者になるにしろ、加害者になるにしろ、どちらの立場に
なっても自分の過失割合分を賠償しなくてはならないのです。

 

自動車保険は自分だけでなく、相手の損害を補
填する目的もあることを忘れてはなりません。

 

「あまり乗らない人の保険料を安くする方法」

 

あまり車に乗らない人の自動車保険はどうするべきでしょうか。

 

これは、安く掛け続けることが合理的な手段と言えます。

 

方法は至ってシンプルで、必要最低限の保
険プランにすることが節約につながります。

 

補償を最低限に絞る

 

自動車保険には基本補償というものがあります。

 

・対人・対物補償
・人身傷害
・搭乗者傷害
・車両保険

 

保険会社によってはこの他に特約が付帯することもあり
ますが、上記の補償はどこで加入しても共通しています。

 

必要最低限の現実的なラインとしては、概ね以下の通りでしょう。

対人・対物 無制限
人身傷害 3,000万円
搭乗者傷害 なし
車両保険 なし
特約

弁護士費用特約
運転者の範囲を限定する(本人限定など)


具体的に言えば、車両保険と搭乗者傷害は外しています。

 

特に車両保険は付けるか付けないかで倍近く保険料が変
わるため、外すことで大きな保険料カットになります。

 

車がないと生活できないというレベルであれば話は別です
が、そうでなければ必ず必要というわけではありません。

 

もし付帯したいのであれば、エコノミー型の車
両保険などを選択肢に入れると良いでしょう。

 

また、搭乗者傷害は自分を守る保険ですが、人身傷害
が付いていれば必ず必要というわけではありません。

 

簡単に言うと、人身傷害が損害の全額補償をしてくれる代わりに後払い
なのであれば、搭乗者傷害は入通院にもらえる一時金のようなものです。

 

万が一事故の際、人身傷害にさえ加入して
いれば損害額をカバーすることはできます。

 

乗る人が決まっているなら運転者を限定する

 

車の運転する人が決まっていてその人以外は運転しないという
のであれば、運転者限定特約を付けると保険料は安くなります。

 

本人限定・配偶者限定・家族限定などがあり、運転者の範
囲を狭めていくほど保険料の削減効果は大きくなります。

 

補償内容を頻繁に変えるのは良くない

 

普段はものすごく小さい補償内容にしておいて、長距離運転を
する時だけ補償を大きく変更し終わったらまた元に戻すという
ことをする人がいますが、これはあまりおすすめできません。

 

その理由は、補償内容をころころ変えると自分が今どんな補償内
容の自動車保険に加入しているのか分かりづらくなるからです。

 

補償が大きいままで間違えて放置しておくのはまだ
しも、小さな補償内容になっていることを忘れて事
故を起こしてしまったら目も当てられません。

 

変更の際にその都度保険料の追加や払い戻しになりますが、何
度もやっているとずっと同じ補償のままとそれほど保険料は変
わらないので、そもそも労力の割にリターンがあまりないです。

 

「保険料が割安になるダイレクト型自動車保険」

 

あまり乗らない車に高い保険料を支払いたくない、
そんな方は保険料が割安なダイレクト型自動車保
険を選択肢に入れてみると良いかもしれません。

 

・ソニー損保
・イーデザイン損保
・アクサダイレクト
・チューリッヒ
・そんぽ24
・セゾン自動車火災
・セコム損保
・SBI損保
・三井ダイレクト損保

 

みなさんの中には、これらダイレクト型自動車
保険のCMや広告等を見たことがあるはずです。

 

特徴としては保険料が割安ということになります。

 

ダイレクト型自動車保険は、大手損保が採
用している代理店制度を用いていません。

 

また、事故対応拠点も都市部に集約されているこ
とから、基本的には電話でのやり取りとなります。

 

従来の保険であれば、かかるはずの代理店手数料や人
件費といったコストを大幅にカットしている分、保険
料の低価格化に成功して契約者に還元しているのです。

 

ただ、誤解される人もいるのですが、保険料が安いからといって事
故対応が悪い、保険金が下りにくいということは決してありません。

 

大手損保だろうとダイレクト系だろうと、
事故対応の流れは基本的に同じです。

 

大手損保の方が地方にも事故対応拠点がありますから、担当
者と面談しやすいというメリットはありますが、サービスと
して致命的な欠陥があるわけではないのでご安心ください。

 

なお、注意点があるとすれば、このダイレクト型
自動車保険はディーラーでは取り扱っていません。

 

自動車販売業で保険を掛けていた人であれば、
試算さえ取ったことがないと思われます。

 

基本的にはネットで見積もりを取る形になりますので、これまで試算
したことがなければ一度見積もり依頼をしておいたほうが良いです。

 

保険会社によって保険料は異なるので、できるだ
け複数の保険会社を比較検討しておきましょう。

 

「走行距離が少ない人はさらにお得に」

 

ダイレクト型自動車保険には、年間走行距離
に応じて保険料を変えられる制度があります。

 

走行距離区分を設定できる保険会社は以下の通りです。

 

・ソニー損保
・SBI損保
・アクサダイレクト
・三井ダイレクト損保
・チューリッヒ
・そんぽ24
・セゾン自動車火災
・イーデザイン損保

 

大手損保は走行距離制度を設けていません。

 

どれだけ走る距離が少なかったとしても保険料は同じです。

 

そういった意味でも、ダイレクト型自動車保険はあま
り走らない人にとって合理的に使える保険でしょう。

 

本当に車に乗る機会が少なく年間走行距離も少ない人で
あれば、年間走行距離が保険料に影響するダイレクト型
自動車保険を選択することで大幅に保険料を下げられま
すので、ぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

「車を乗らない間は保険を解約してもいいのか?」

 

車に乗らない間の保険を外すことは節約の面では正しいように感じます。

 

自動車保険はいつでも自由に解約できるようになっ
ているので、使わない期間の解約自体は可能です。

 

その時点から保険料が発生することもありません。

 

しかし、また乗るとなると再度保険加入手続きが必要ですし、
少しでも再加入し忘れのリスクがある以上おすすめできません。

 

もし無保険車状態で事故を起こしてしまったら、
高額な賠償責任を背負う可能性さえ出てきます。

 

7等級以上は解約から1週間で消える

 

自動車保険は1等級から20等級までの等級があります。

 

7等級以上の等級は、解約から1週間以内に再度
自動車保険を契約しなければ飛んでしまいます。

 

せっかくの20等級で63%の割引率が付いている自動車保険であって
も、1週間を超えてしまえば新たに6等級から新規契約となります。

 

では、1週間以上車に乗らない場合は中断証明
書を取ればいいのでは?と思う方もいるかと思
いますが、残念ながらそれもできません。

 

中断証明書を取得するためには条件があり、保険の対象となっ
ている自動車がご自身の手元から離れていなければなりません。

 

例えば、下取りに出したとか、車の買取店に
売却したとか、また友人に売ったなどです。

 

手元に車があって、あまり乗らないから解約し
て中断証明書発行ということはできないのです。

 

中断証明書とは、自動車保険を解約した場合に10
年間割引を寝かせておくことのできる制度です。

 

自動車保険を10年以内に再開する場合、以前付けて
いた割引率で自動車保険を再開することができます。

 

5等級以下の人は13ヶ月間割増データが残る

 

逆に1等級から5等級までの割増がかかっている人が
解約をした場合、割増データは13ヶ月間残ります。

 

また、このデータは保険会社間で共有されていますので、保険会社を
乗り換えたとしてもその割増は付いてきますので注意してください。

 

 

車は確かに便利な乗り物ですが、一歩間違え
れば人や物に対して凶器になりうるものです。

 

そのための自動車保険なのですが、あまり乗らないからといって
自動車保険料を安くするために補償内容を削り、事故に遭ってし
まいその後の人生を棒に振ってしまう事だってあるのです。

 

実際にネットで検索すると出てきますが、自動車保険に入っていなか
ったために高額の賠償金で人生が変わってしまった人も多数います。

 

今契約している自動車保険が高いと思うのでしたら、
まずは試算してみて、保険会社の乗り換えも視野に入
れつつ自動車保険加入は継続しておいてほしいです。

 

自動車保険に入っておくというのは、車を運転す
る者にとっての最低限のマナーであると思います。

 

>>自動車保険一括見積りサイト

 

>>保険料が高くなる理由のページに進む

 

自動車保険口コミ!安いけれど手厚い補償のおすすめ車保険TOPに戻る