レンタカー費用特約

レンタカー特約は事故や故障が原因、車の修理が
必要になった際、車の修理をしている期間に借り
たレンタカー代金を補償してくれる特約です。

 

車を修理に出した場合、修理工場で代車を貸してく
れることがありますが、工場に代車の在庫がなけれ
ば貸してもらうことができないこともあります。

 

それは保険会社提携の修理工場であっても状況は同じで、
保険会社が代わりに代車を貸してくれることもありません。

 

仮に代車を借りられたとしても、自分が普段使用
している車と同じグレードの車とは限りません。

 

いつも8人乗りの車に乗っているのに、
代車は軽自動車ということも発生します。

 

そのような場合に代車を借りるのではなく、レンタカーの
費用を負担してくれるのが、このレンタカー費用特約です。

 

この特約は車両保険の特約として提供されているため、車両保険
の加入が必要で、保険料が年間5,000円〜1万円プラスになります。

 

「レンタカー費用特約の補償内容」

補償額 5,000円〜1万円/日
補償期間 30日間
保険料 5,000円〜1万円/年


補償額については、特約加入時に任意の額を選択
できます。(5,000円、7,000円、1万円など)

 

また支払われる保険金は基本的に実費(レンタカーを借りた実
際の費用のみ)としているところがほとんどですが、中には設
定した補償額をそのまま支払ってくれる保険会社もあります。
(※実費の場合は保険会社が直接レンタカー会社に払うことが多い)

 

補償されるケース
・事故で車が走行不能になったが通勤で車が必要
・車が故障して走行不能、修理が必要になった
・車が盗難に遭ったが子供の送り迎えで車が必要

 

補償されないケース
・相手が特定できない事故や当て逃げ
・単独事故での修理
・地震・噴火・津波によって生じた損害など

 

このようにこの特約が適用されるのは「事故・故障・盗難」が原因と
なるケースですが、ほとんどの保険会社では事故によって車が走行不
能になった場合にのみ、このレンタカー費用特約も利用できます。

 

中には損保ジャパン日本興亜東京海上日動のように、故障
した場合にもこの特約を適用してくれる保険会社も一部あり
ますが、それはあくまで故障によって走行不能な状態になっ
たケースで、レッカー搬送もその条件とされています。

 

また、この特約で盗難の際にも補償してくれる保険会社も
ありますが、別途「盗難代車費用特約」という形で盗難の
場合にのみ適用される特約を提供している会社が多いです。

 

「レンタカー費用特約を使用した場合の等級ダウン」
レンタカー費用特約は車両保険に関する特約という形で提供され
ていますが、この特約を使うと等級ダウンはあるのでしょうか。

 

車両保険を使わないとこの特約を利用できない
ケースが多いため、通常の車両保険適用時と同
様に3等級、または1等級ダウンになります。

 

ただ、レンタカー費用特約だけを単独で使用できる会社もあり、そ
の場合はノーカウント事故と判断して等級ダウンは行われません。

 

「レンタカー費用特約とロードサービスの違い」
自動車保険のロードサービスでもレンタカ
ー費用を補償してくれる場合があります。

 

しかし、ロードサービスで借りられるレンタカーは事故現場から
自宅や旅行先までの移動手段として一般的に借りられるものです。

 

1日限定とされていることが多く、レンタカー費用特約
のように2日以上常用する形で借りることはできません。

 

そのため、仕事や子供の送り迎えなどを目的としてレンタカーを借
りる場合には、やはりレンタカー費用特約が必要になるでしょう。

 

以上の適用範囲などから、レンタカー費用特約に加
入する際のチェックポイントと、加入したほうがい
いと思われる人、そうでない人を挙げてみます。

 

「チェックポイント」
・車が使用できない状態が1日でもあると困るか?
・ロードサービスで補償される範囲では不足か?
・懇意にしている修理業者やディーラーがあり代車を貸してもらえる可能性があるか?
・代車には同じグレードの車が必要か?
・親戚などから一時的に車を借りることが可能か?
・保険料が補償内容に見合っているか?

 

加入したほうがいい人
・事故時にどうしても車が必要な人(通勤・子供の送り迎えなど)
・同じグレードの車を借りたい人

 

加入しなくてもいい人
・車に乗らなくても何とかなる人
・代替手段がある人(他に車がある場合など)
・保険料を安くすることを優先したい人

 

レンタカー費用特約はすべての人に必要な保険ではありません。

 

加入すると保険料が5,000円〜1万円ほどアップしますので、必要性
をしっかり考えて、不要であれば加入を控え保険料を節約しましょう。

 

>>ファミリーバイク特約のページに進む

 

自動車保険口コミTOPに戻る