ノンフリート等級制度

自動車保険に加入している人たちは、当た
り前のように等級の話をすると思います。

 

これはノンフリート等級のことで、保険料に大きく影響
しているものだということを知っているからでしょう。

 

では、そもそもノンフリート等級というのはどのようなもので、
その等級が違うとどれくらい保険料が変わってくるのでしょうか。

 

ノンフリート等級制度というのは、割引率
(割増率)ごとのランク分け制度
のことです。

 

ランク(等級)ごとに割引率(割増率)が規定されており、
そのランクによって保険料が割引・割増されるものです。

 

※なお、ノンフリート等級は9台以下の車を所有している人に適
用される制度です。もし10台以上保有している場合は、フリー
ト等級制度が適用され、以下の説明とは異なる内容になります。

 

「なぜ等級制度が誕生したのか?」

 

事の始まりは、事故を起こした人と安全運転で事
故を起こしたことのない人とで、同じ保険料を支
払うことに対する不公平感から誕生したものです。

 

そのため、安全運転で事故を起こさずに過ごした年数が長けれ
ば、それだけ割引されるランクが上がるようになっています。

 

それに合わせて、事故を起こした人に対するペナルティの意味
も含まれているということも理解しておかなければいけません。

 

なお、2015年10月から適用開始されたノンフリート等
級改正制度では、従来あった等級据え置き事故(保険を
使用しても等級に影響がない事故)が終了しています。

 

また、等級ダウンを防いでくれる等級プロテクト特約もなくなりました。

 

そのうえ、事故を起こした場合に適用される割引率も新設されてお
り、保険を使うことでより割引率が悪くなる結果となっています。

 

「等級ごとの料金の違い」

 

ノンフリート等級制度の等級は1等級から20等級まであります。

 

また事故を起こしていない人が適用される「無事故
等級」と、事故を起こした人が一定期間適用される
事故有等級」の2つのテーブルに分かれています。

等級 無事故・割増率 事故有・割増率
1等級 64%
2等級 28%
3等級 12%
4等級 −2%
5等級 −13%
6F等級 −19%
7F等級 −30% −20%
8等級 −40% −21%
9等級 −43% −22%
10等級 −45% −23%
11等級 −47% −25%
12等級 −48% −27%
13等級 −49% −29%
14等級 −50% −31%
15等級 −51% −33%
16等級 −52% −36%
17等級 −53% −38%
18等級 −54% −40%
19等級 −55% −42%
20等級 −63% −44%


上記のように無事故等級と事故有等級とで、最大
20%ほどの割引率の差があります。保険料が2割
も変わってくるのはとても大きな違いです。

 

「新規契約時は6等級から」

 

車を新規購入して自動車保険を始めて契約する
人は、6等級かもしくは7等級から始まりです。

 

ただし、6等級や7等級といっても契約時の年齢制限によっ
て5種類(6A、6B、6C、6G、6Dと7B、7C、7G、7D)の
割引率が設定されており、継続した場合の6等級(6F)及び
7等級(7F)でもまた別の割引率が設定されています。

等級 6等級割増率 7等級割引率
A(年齢制限なし) 28% 11%
B(21歳以上) −3% −11%
C(26歳以上) −9% −40%
G(35歳以上) −9% −40%
D(年齢条件対象外車種) 4% −39%


なお、7等級から始まるのは「セカンドカー割引」という制度
を導入している保険会社で契約する場合のみ適用されます。

 

また、以下の条件を満たしておく必要があります。

 

・新規契約であること(継続ではないこと)
・新規契約した車を主に運転する人(記名被保険者)と車の所有者が、
すでに契約している保険の記名被保険者、所有者と同じであること。
・すでに契約している保険の等級が11等級以上であること。
・新規・既存どちらの保険契約も自家用車であること。
・新規契約の保険開始日が既存契約の保険期間内であること。

 

「等級ごとの保険料シミュレーション」

 

等級によって割引率に大きな違いがあることは
わかりましたが、割引率の話ではどれくらい負
担が違うのかはっきりしないかもしれません。

 

実際にどれくらいの金額の違いになるのかに触れてみましょう。

 

基本の保険料が10万円として、1等級、6A、7A、事故
有の10等級、無事故の10等級、事故有の20等級、無事
故の20等級を例にそれぞれ保険料を算出しました。

等級 割引率(割増率) 保険料
1等級 64% 164,000円
6A 28% 128,000円
7A 11% 111,000円
事故有の10等級 −23% 77,000円
無事故の10等級 −45% 55,000円
事故有の20等級 −44% 56,000円
無事故の20等級 −63% 37,000円


1等級と20等級を比べると、その金額の差は
127,000円と基本の保険料を超えています。

 

最初の契約時の6A等級と比べても20等級との差は91,000円と
なっていますので、とても大きな差があることに驚かされます。

 

また、無事故等級と事故有等級については無事故等級の10
等級と事故有等級の20等級がほぼ同じ金額になっています。

 

事故を起こした場合のペナルティの大きさが浮き彫りになっています。