個人賠償責任特約

個人賠償責任特約は、記名被保険者とその家族が日常生
活の中で他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊
してしまったりしたときに補償を受けられる特約です。

 

自転車を運転中など、車以外の事故が補償されるほか、家族
が起こした事故についても補償される大変有用な特約です。

 

さらに、保険会社によっては示談交渉サービスも付帯しているものもあります。

 

「個人賠償責任特約の補償内容」

 

個人賠償責任特約が適用される場合
・自分の子供が自転車で他人にぶつかりケガをさせてしまった。
・買い物中に誤って商品を破損してしまった。
・洗濯機の排水ホースが外れ下の階に水漏れしてしまった。
・犬の散歩中、飼い犬が他人に噛みつけケガをさせてしまった。
・ゴルフプレー中に自分の打ったボールが他人に当たりケガをさせてしまった。
・スキーやスノーボードで他人に衝突しケガをさせてしまった。

 

このような場合に補償が受けられます。

 

なお、補償限度額は「1億円」としている保険会社が多い
ですが、「3億円」「無制限」という保険会社もあります。

 

補償対象者は?
補償は1つの契約で家族全員が対象になります。

 

・記名被保険者本人
・本人の配偶者
・本人または配偶者の同居の親族
・本人または配偶者の別居の未婚の子

 

「補償されない主な場合」

 

業務中に生じた損害
個人賠償特約は日常生活における損害に対する保険のため、
業務中に生じた損害についても補償対象外となります。

 

権利侵害
個人賠償特約は、他人の身体や物に対する補
償のため、プライバシーや著作権などといっ
権利侵害については補償対象外となります。

 

その他
損害の発生が故意や重大な過失による場合や、
同居家族に対する損害は補償対象外となります。

 

また、保険会社にもよりますが、多くの保険会社が国内で発生
した事故のみを個人賠償責任特約の補償対象としており、海外
での事故は補償されない場合がありますので注意が必要です。

 

「補償の重複に注意」
個人賠償責任特約は1つの契約で家族全員が補
償されるため、自動車を複数台所有している場
合、片方の契約のみに特約を付ければ十分です。

 

仮に、両方の契約に特約を付けていたとしても
保険金が重複して支払われることはありません。

 

また、個人賠償特約は自動車保険の特約としてだけでな
く、火災保険などの特約として存在するほか、クレジッ
トカードの会員特典として付帯している場合があります。

 

さらに、自転車事故の補償に限れば、自転車を購入し
た際の付帯サービス(TSマークや販売店の会員特典な
ど)としてすでに加入されている場合があります。

 

このように、個人賠償責任特約は1つの保険契約で家族全員が補
償を受けられるほか、類似の保険が多数存在するため、自動車保
険だけでなく火災保険をはじめとした他の保険契約を見直し、重
複する保険を解約することで保険の節約をすることができます。

 

ぜひ一度、自動車保険をはじめとした保険
契約を見直してみる
ことをおすすめします。