自転車傷害特約

自動車保険の自転車傷害特約は、自転車で走行中に転んでケガをし
たり、歩行中に他人の乗っている自転車がぶつかって死傷した場合
に、自分側のケガや死亡などの損害を補償してくれる特約です。

 

昨今、自転車は約7割の世帯で保有しており、自転車による事故
5分に1件の割合で発生しているというのですから驚きです。

 

また近年は自転車事故によって発生した賠償金が高額になっ
ていることから、世間の関心も高まっているのが実情です。

 

自転車事故を補償する保険は自転車保険として各社
から販売されていますが、この自転車特約は保険金
額が安価で補償される対象者も広いのが特徴です。

 

「自転車事故による高額賠償例」
自転車は自動車ほどスピードが出ないため、事故を起
こしてもそれほど大きな被害は出ないと考えられがち
ですが、実際は自転車による事故であっても自動車事
故に負けず劣らず高額な損害賠償が発生しています。

賠償額 被害者の年齢・性別 様態
9,521万円 62歳・女性 意識不明
9,266万円 24歳・男性 後遺障害
6,779万円 38歳・女性 死亡
5,438万円 55歳・女性 死亡


この自転車傷害特約は相手に対する補償を行うもの
ではありませんが、我が身も、いつかこのような大
きな被害が発生する可能性があるかもしれません。

 

「自転車傷害保険の保険金額」
自転車傷害特約で補償される金額は、保険会社によって大
きく異なりますが、概ね以下のような形になっています。

補償 保険金額
死亡 300万円〜500万円/人
後遺障害

20万円〜500万円/人
(後遺障害の程度により変わる)

入院

5日未満:1万円〜10万円
5日以上:10・30・50・100万円
または5,000円/日


以上のようにこの特約で補償されるのは死亡・後遺障害・入院の
場合のみで、ケガをして通院した場合については補償されません。

 

補償されるケース
・自転車に乗って転倒しケガをして入院した。
・歩行中に他人の自転車とぶつかって頭を打ち死亡した。

 

補償されないケース
・ブレーキが装備されていないなど不備がある自転車の場合
・二人乗りなど正規の乗車装置以外に搭乗している場合
・競技や曲技等で自転車に搭乗している場合

 

この特約は基本的に自分や家族のケガを補償する
ものであるため、相手に対する補償は行えません。

 

ただ、中には例外的に相手に対する補償も行ってくれるSBI損
保のような会社もあります。(逆にSBI損保の特約では自分が
歩行中に自転車にひかれた場合のケガなどは補償されません)

 

「自転車傷害特約の補償対象者」
この特約はファミリーバイク特約と同様に、補償
される対象者の範囲が広いことが大きなメリット
の一つで、以下の人が補償対象者になります。

 

・記名被保険者
・配偶者
・同居の家族
・別居の未婚の子

 

このことから、この特約は家族の中で一つ契約しておけば十分と言えます。

 

「自転車事故を補償するその他の保険や特約」
自転車を運転していて発生する事故の損害と、それに対する補償を
行う各種保険の内容をこの自転車傷害特約と比較してみましょう。

自転車傷害特約 自転車保険

人身傷害保険
(車外補償タイプ)

責任特約
・自動車保険
・火災保険)

傷害/医療/生命保険
概要 自転車事故で自分や家族が負った損害を補償 自転車事故に関する損害全体を補償 自転車事故を含めた自分や家族に負った損害を補償 日常生活における相手の損害を補償 自分や家族の死傷などを補償
相手に対する

補償

×
(SBI損保のみ
補償あり)

×
自分に対する

補償

×


自転車事故による被害はこの自転車傷害特約以外に
も、上記のような保険で補償することもできます。

 

ただし、その補償範囲はそれぞれ異なります。

 

なお、人身傷害保険(自動車保険)は車に搭乗中の事故
のみを補償するタイプと、車外での事故も補償するタイ
プがありますが、ここで取り上げているのは車外での事
故も補償するタイプを指しています。(車外事故を補償
するタイプでも相手が車の場合のみ補償するケースあり)

 

また、SBI損保の自転車事故補償特約は例外で、
自転車事故による相手の損害も補償してくれます。

 

そのため、SBI損保の場合は自転車傷害特約という
より自転車保険に近いイメージと言えるでしょう。

 

>>ペット補償特約のページに進む

 

自動車保険口コミ!安いけれど手厚い補償のおすすめ車保険TOPに戻る