自動車保険の等級入れ替え

車を保有すればするほどその維持費は嵩みます。

 

中でも自動車保険は所有台数だけ加入しなければならない
ため、負担に感じている方も多いのではないでしょうか。

 

複数車を所有していると自動車保険に加入している年数や事
故の有無によってそれぞれの等級がバラバラになっていると
思いますが、実はこの等級は入れ替えることができるのです。

 

さらに、場合によっては等級を入れ替えることで保険料を抑えることも可能です。

 

例えば、親子で自動車保険に加入した場合、

父親の車 子供の車
20等級 7等級

とするよりも、

父親の車 子供の車
7等級 20等級


このように、等級を入れ替えたほうが保険料は安くなるのが一般的です。

 

では、等級入れ替えによって保険料はどれだけ安くなる
のか、パターン別の具体例に沿って見ていきましょう。

 

ケース1:新しく車を買い替えた場合

 

・フィット(12等級)とアクア(20等級)を所有している家族

 

・子供が大きくなったのでフィットをアルファードに買い替え

 

・アルファードは新車購入なので車両保険を付帯

 

このような状況のケースを考えてみます。

 

「見積り条件」
@所有車両:アルファード(12等級)/アクア(20等級)
A被保険者情報:夫(年齢28歳/免許の色ブルー)妻(年齢26歳/免許の色ブルー)

アルファード
(12等級・車両保険あり)

アクア
(20等級・車両保険なし)

合計保険料
131,200円 25,900円 157,100円

アルファード
(12等級・車両保険あり)

アクア
(20等級・車両保険なし)

合計保険料
92,720円 37,120円 129,840円


このように、等級の入れ替えを行うだけで
年間27,260円もお得になる計算となります。

 

車を買い替える場合は等級入れ替えを行うチャンスです。

 

入れ替えたほうがお得になるかどうか
は必ずチェックするようにしましょう。

 

ケース2:同居の子供が新しく車を購入する場合

 

Aさんの子供が、この度免許証を取得し新し
く車(デイズ)を買うことになりました。

 

「見積り条件」
@所有車両:アルファード(20等級)/アクア(12等級)/デイズ(7S等級)
A被保険者情報:Aさん(年齢38歳/免許の色ゴールド)妻(年齢
36歳/免許の色ゴールド)子供(年齢20歳/免許の色グリーン)

 

上記のケースでは2パターン入れ替え方法がありますが、
アクアとデイズの等級入れ替えを行う場合が最も保険料
を節約できますので、その見積もりを見てみましょう。

アルファード
(20等級・車両保険あり)

アクア
(12等級・車両保険なし)

デイズ
(7S等級・車両保険なし)

合計保険料
80,310円 31,290円 165,840円 277,440円

アルファード
(20等級・車両保険あり)

アクア
(7S等級・車両保険なし)

デイズ
(12等級・車両保険なし)

合計保険料
80,310円 42,110円 73,400円 195,820円


このように、等級入れ替えにより年間81,620円
もの保険料節約となる結果になるから驚きです。

 

子供が車を新しく買うタイミングも等級入
れ替えが行われる一般的なパターンです。

 

どれだけ保険料が抑えられるかは、必ずチェックするようにしましょう。

 

ケース3:等級の高い車を手放す場合

 

Aさんの家庭では、子供が就職のため遠方に引っ越すことになりました。

 

それに伴い車が1台不要になったため、大きい車はもう必
要ないのでアルファードを売却することに決めました。

 

「見積り条件」
@所有車両:アクア(7S等級)/デイズ(12等級)
A被保険者情報:Aさん(年齢45歳/免許の色ゴールド)妻(年齢43歳/免許の色ゴールド)

 

まずはアルファードの自動車保険をそのまま解約した場合の見積もりです。

アクア
(7S等級・車両保険なし)

デイズ
(12等級・車両保険なし)

合計保険料
42,110円 24,030円 66,140円


この場合も等級の入れ替えが可能です。

 

アルファードは20等級だったのでこの等級をどちらかの車に入れ替え
て、吐き出された7S等級を中断しておくのが一番賢い方法でしょう。

アクア
(20等級・車両保険なし)

デイズ
(12等級・車両保険なし)

合計保険料
21,810円 24,030円 45,840円


このケースでも年間20,300円の保険料節約になるため、
等級の入れ替えは確実に行っておいたほうが良いでしょう。

 

 

等級入れ替えができるタイミング

等級入れ替えによって保険料節約になることはご理解いただけ
かと思いますが、等級の入れ替えはいつでも好き勝手にできる
わけではなく、入れ替えができるタイミングが決まっています。

 

あまり頻繁にある機会ではないので、この等級の入れ替
えができるタイミングをしっかりと把握して、機会が来
た時には忘れずに等級入れ替えを行うようにしましょう。

 

車を新しく購入(増車)した時

 

新しく車を購入、いわゆる増車をした時に
は等級の入れ替えができるようになります。

 

前述の具体例でいうとケース2のパターンですね。

 

新しく購入する車は基本的には新規6等級での加入になりま
すが、購入する方がお子様など年齢条件の割引がない方の場
合は、等級を入れ替えると合計保険料がお得になります。

 

また、増車の場合はセカンドカー割引が適用
になるかどうかの確認も忘れずにしましょう。

 

本人もしくは同居の親族が加入している自動車保
険で、1つでも11等級以上のものがあれば新しく
加入する自動車保険に適用できる割引制度です。

 

なお、本人もしくは同居の親族が加入し
ている自動車保険会社は問われません。

 

通常新規加入は6等級からになりますが、セカンドカー割引を適用
させれば7S等級から加入することができ、7S等級扱いになります。

 

割引率も段違いなので、自動車保険に新規で加入する場合は
ご家族の自動車保険加入状況をしっかりと確認しましょう。

 

車を買い替えた時

 

車を買い替えた時、複数車を所有していれば等級の入れ替えが可能になります。

 

前述の具体例でいうとケース1がこれに当たります。

 

新しく購入する車に車両保険を付けたりして合計保険料が高く
なるようであれば、持っている等級の中で1番高い等級を宛がう
ことで全体の保険料を安く抑えることができるようになります。

 

所有する車を譲渡・売却・廃車にした時

 

このケースは保険会社によりますが、持っている車を譲渡・売却・
廃車にした時、いわゆる減車時にも等級の入れ替えを行います。

 

減車する車の等級が高い場合などは、他に持って
いる車の中で1番低い等級を吐き出して中断する
ことで、合計保険料の節約が可能になります。

 

保険会社間でも等級の入れ替えはできる

異なる保険会社間でも等級の入れ替えは行えます。

 

例えば、新しく車(例:プリウス)を購入する場合、現在所有しているア
クアにA社20等級の自動車保険が付いているとすると、新しく購入するプ
リウスにA社20等級の保険を付けて、保険がかかっていない状態になった
アクアにB社で新規7S等級(セカンドカー割引適用)の保険加入をすると
いった手順を踏むことで、等級の入れ替えができるようになります。

 

車を買い替えた場合なども同じ手順を踏むことで、
異なる保険会社間での等級の入れ替えが可能です。

 

自動車保険の等級を入れ替える手順

 

ここまで等級の入れ替えができるかどうかと、その際ど
れくらい保険料を抑えられるのかをお伝えしてきました。

 

では、実際に等級を入れ替えるのにはどのような
手続きが必要なのかを具体的に見てみましょう。

 

車両に関する情報が分かる書類を準備する

 

増車の場合でも買替の場合でも、新しく購入する車両の
情報が分かる書類(車検証など)を手元に用意します。

 

減車の場合この手順は不要です。

 

保険会社へ等級を入れ替えたい旨を伝える

 

保険会社へ車を購入することを連絡し、併せて
等級の入れ替えを行いたい旨を伝えましょう。

 

減車の場合はどの車を減車するのかを伝えたうえ
で、等級の入れ替えを行いたい旨を伝えましょう。

 

その際、どのように入れ替えたら最も保険
料が安くなるか相談してみてもいいですね。

 

新しい車が納車される日に合わせて補償開始

 

新しい車が納車される日、もしくは減車される日に
合わせて入れ替えられた等級で補償が開始されます。

 

保険料も入れ替えを行った日から計算
しているので、お安くなっています。

 

等級入れ替えの注意点

保険料がお得になるため必ず行ったほうが良い等
級の入れ替えですが、注意点がいくつかあります。

 

等級の入れ替えができるタイミングは限られている

 

前述したように、等級の入れ替えができるタイミングは増車や買
い替え時か、減車時とごくわずかタイミングでしかできません。

 

買い替えや増車、減車は頻繁にするものではないの
で、このタイミングを逃さないようにしましょう。

 

もし増車や買い替えで新しい車が納車される日、もしくは
減車した日より後に入れ替えの依頼をしても、その時点で
は入れ替えができなくなっているので注意が必要です。

 

入れ替えの依頼は、必ず車の増減車が
ある日付よりも前に行ってください。

 

入れ替えにの仕方にも注意が必要

 

2台所有までは良いのですが、3台以上所有する
となると入れ替えの組み合わせが増えてきます。

 

3台所有の場合は6通り、4台所有の場合は24
通りもの組み合わせがある計算になります。

 

その中から、最もお得な等級の組み合わせを算出するのは至難の業です。

 

3台以上で等級の入れ替えを行う場合は自分だけ
で判断しないで、保険のプロである代理店の担
当者や保険会社と相談した方が良いでしょう。

 

必ず保険契約者本人が連絡しなければならない

 

等級の入れ替えは保険契約に関わることなの
で、必ず本人が連絡しなければなりません。

 

車の買い替えに伴う車両入れ替えなどは販売店
やディーラーが代理で行ってくれることもあり
ますが、等級の入れ替えは代理ではできません。

 

繰り返しますが、必ず本人が連絡するようにしましょう。

 

まとめ

ここまで等級の入れ替えに関する様々なことをお伝えしてきました。

 

等級の入れ替えは、行うだけで保険
料を大幅に節約することができます。

 

親切な代理店であれば購入時などに案内があるかもしれま
せんが、ネット型自動車保険などの場合は案内等もないた
め知らなければ高い保険料を払うことにもなり兼ねません。

 

自動車保険の保険料で損をしないように、等級を入
れ替えて保険料が安くなる場合は、入れ替えができ
るタイミングで必ず入れ替えを成功させましょう。

 

 

TOPページに戻る