自動車保険おすすめプランに警告

自動車保険について調べていると、様々なメディ
アでおすすめプランなるものが紹介されています。

 

また、更新時に届く保険会社からの通知にも記載されています。

 

これらはどの程度参考にできるものなのかと疑問視してしま
いますが、誰によって発信されたものなのかによって性質は
異なるため、情報として扱うには使い分けが必要です。

 

代理店担当者のおすすめプラ

 

まずは代理店担当者のおすすめプランですが、代理店と言っ
てもプロの代理店とディーラーでは違った見方が必要です。

 

保険代理店(プロ代理店)の場合

 

保険代理店の場合、大まかに分けて3つ
のパターンがあると思って良いでしょう。

 

1つ目は、本当にお客様のことを真剣に考えて設計してくれている場合。

 

ほとんどの保険募集人は良心のもとに仕事をしていますの
で、お客様のことをきちんと考えて設計してくれています。

 

例えば、自動車を複数台所有している人だから代車は必要ない
から代車費用特約は外しておこうなど、その人の自動車の保有
スタイルや利用形態をきちんと理解してくれている場合です。

 

2つ目は、保険会社のキャンペーンが行わ
れている特約を付けてきている場合です。

 

保険会社は新しい特約が販売されたときや、契約してほしい特約があ
る場合に代理店に向けてキャンペーンを打つことがしばしばあります。

 

キャンペーンと言ってもそんな豪華な賞品がもらえるようなものではあり
ませんが、何件契約したのかによって代理店はランク付けされるのです。

 

それ故、このキャンペーンに生き残りをかけて
いる代理店が一部存在することも否めません。

 

このようなケースでは、本当に必要かどうかわ
からない特約を付けてきていることがあります。

 

ところが、キャンペーンが行われている時期な
のかどうかは消費者は知ることができません。

 

ただ、キャンペーンの特約が意外と有用な特約であることもあります。

 

特約を紹介されたら説明や内容をよく聞き、自
分に必要かどうかを判断することが大切です。

 

3つ目は、システマチックに作られたプランです。

 

保険会社のオンラインシステムには、自動的
におすすめ内容を作成する機能があります。

 

システムに疎い代理店などは、これをその
まま使って提案してくることもあります。

 

注意しなければならないのは、オンライン上のデフォルトプランには保
険会社が売りたい特約が盛りだくさんなケースもあるということです。

 

特約というのは補償を拡大するものであり、付けておいて困るというも
のではないのですが、必要ない特約を付けていても意味がありません。

 

保険料とのバランスを重視する人はしっかりとおすすめプランの内容を理
解し、不要と判断できるものに関してはきっぱりと断ることも重要です。

 

 

ディーラーの場合

 

ディーラーの場合、おすすめしてくるプランはほぼ決まっています。

 

代車費用特約車両新価特約です。

 

代車費用特約はすべての契約に付けることができま
すし、車両新価特約は条件を満たしている車両の場
合に車両保険に特約で付けることができます。

 

なぜディーラーがこの特約を勧めてくるのかです
が、これは事故があった場合に、代車費用特約が
あれば有料で代車を貸しだすことができます。

 

また、車両新価特約が付いていれば車両価格の半分を超え
る修理代金が発生した場合は全損扱いになるので、契約者
は保険金で同等の新車を購入することが多いと思います。

 

そのため、新車をどこで購入するかといえば、
そのディーラーで買うことが多いと思います。

 

つまり、この2つの特約を付けておくことでディーラーは契約者に
気兼ねなく本業のアプローチも行えるというメリットがあります。

 

とは言え、家庭に複数の自動車がある場合は代車費用
特約を付ける必要がないケースもあるでしょうし、車
両新価特約も必ず付帯すべき特約とは限りません。

 

したがって、ご自身のライフスタイルに合っ
た特約だけを付帯することをおすすめします。

 

保険会社のおすすめプラン

 

保険会社のおすすめプランですが、これは
更新の案内などに掲載されているものです。

 

3つほどプランが掲載されているケースが多いです。

 

そのうちの1つは、前年度同等条件となってお
り前年と同じ内容ですが、残りの2つに記載さ
れてくるおすすめプランが厄介なのです。

 

これらは、保険会社が保険料を上げようと見かけが良
くなるように補償が充実したプランになっています。

 

また、新たに販売された特約など、保険会社が積
極的に拡販したい特約なども付けられています。

 

内容が過剰になっているプランがほとんどですから、保険募集人に
補償内容をよく聞いて納得してから付帯すべきかを判断しましょう。

 

情報サイトのおすすめプラン

 

自動車保険にまつわる様々な情報サイトがあります。

 

そこに書かれているおすすめプランですが、情報サイトは多数の
保険会社の情報を扱っていることがほとんどのため、おすすめの
特約も各社共通の代表的なものになっていたり、おすすめプラン
と言っても、万人に向けてある程度しっかりした補償と認識して
もらえるレベルの内容を記載されていることが多いです。

 

各保険会社の内容を取り上げて一つづつ解説してい
たらユーザーも読むのに疲れてしまうので、情報は
ある程度絞られていると思ったほうが良いでしょう。

 

ですから、ご自身の車の利用環境などに合った
ものが選べるのかというと疑問が残りますが。

 

情報サイトは各社の自動車保険を横断的に比較できるこ
とがメリットですが、自動車保険を各社ごとに詳しく調
べるにはあまりおすすめできる方法ではありません。

 

自動車保険のおすすめプランは、その人のライフ
スタイルによって全く違うものになってきます。

 

自動車を複数台持っている人は代車費用特約は必要
ないでしょうし、古い車に乗っている人などであれ
ば車両保険付帯は無用という人もいると思います。

 

したがって、本当の意味でのおすすめプラ
ンは一人ひとり違った形になるはずです。

 

しかし、上述のように保険会社は自社で販売したい
商品(特約など)をおすすめと銘打ち勧めてきます。

 

これらはあくまでも販売者側から見たおすすめであっ
て、あなた自身に確実にフィットしたおすすめプラン
ではないということを念頭においておきましょう。

 

 

プロがおすすめする保険内容とは?

保険のプロは、自動車保険の選び方、補償
の組み方を以下のように提案しています。

 

対人・対物保険

 

対人・対物保険に関しては、デフォルト
で無制限と考えておいた方が得策です。

 

対人無制限はもちろんですが、対物も無制限にしておきましょう。

 

最近では車両価格も高額化しており、玉突き事故でも起こそうもの
なら、あっという間に1,000万円超えなんてこともあり得る話です。

 

一昔前までは、対物は500万円や1,000万円という契約はしば
しば見られましたが、現在ではほとんど見ることはありません。

 

対物を無制限にしたところで保険料は大して変わり
ませんので、最初から無制限にしておきましょう。

 

人身傷害保険

 

人身傷害保険は3,000万円が最低金額となっています。

 

保険料を安くするために3,000万円にしている人もかつては多かっ
たのですが、最近では5,000万円以上に設定する人も増えています。

 

人身傷害保険は過失割合に関係なくケガに対する補償が受けら
れるものですが、死亡した場合などはその人の年齢、職業によ
り逸失利益が計算され、思わぬ高額になることもあります。

 

しかし保険金額が上限になっているので、3,000万
円の契約だと3,000万円までしか保険金が出ません。

 

実際の過去にあった事例では、サラリーマンの方で
5,000万円でも足りなかったケースがあるようです。

 

また、死亡に至らなくても後遺障害が残り介護
が必要になるなんてことも十分にあり得ます。

 

そのような場合は死亡よりも逆に高額になることもありますの
で、人身傷害保険は最低でも5,000万円は掛けたいところです。

 

お仕事をされている方であれば、7,000万円以上が理想です。

 

人身傷害も保険金を上げてもあまり保険料負担が変わりません
ので、ゆとりをもって引き上げておくことをおすすめします。

 

搭乗者傷害保険

 

搭乗者傷害については、近頃では廃止している保険会社も出てきました。

 

というのも、人身傷害保険があれば搭乗者傷害保険と補
償が重複するので、さほど必要性がないためだからです。

 

搭乗者傷害は死亡や後遺障害、または入院や通院をした
場合などに保険金額が定額で支払われるというものです。

 

人身傷害が付いていれば過失割合に関係
なく補償されますので不要と言えます。

 

昔の名残りで、搭乗者傷害が特約として残っている保険会社がほとんどです。

 

車両保険

 

車両保険は自動車保険においても大きなウェイトを占めているものです。

 

車両保険を付けるかどうかですが、ローンを
組んでいる方は付けておくべき補償でしょう。

 

車両保険を付けていないと、全損になってしまった時には再度
自動車を購入することになるので2重ローンとなってしまいます。

 

その場合でも、自損事故程度の修理費なら自分で払えるという人
は、エコノミー型車両保険で保険料を下げたほうが得策でしょう。

 

また、修理費を払うのがきついという方は、多少
高くても一般車両型タイプにしておくべきです。

 

やはり、一時金として高額な修理代金が出ていくというのは避けたいものです。

 

ところで、どのタイミングまで車両保険を付けておくか
という点ですが、これは正直個人がどう考えるかです。

 

一般的には新車から5年間は車両保険を付けておくという人が多いです。

 

5年を超えてくると車両価額が下がってくるので、車両の価
値に対する保険料負担が高いと感じる人が多いようです。

 

しかし、車を壊れるまで乗りたいが事故が起きた時に一時金として修
理費を捻出するのは大変という人は、自動車保険料の負担が月々多少
高いとしても車両保険付帯は継続しておいたほうが良いでしょう。

 

その他の特約

 

弁護士費用特約は今や必須で、外すべきで補償ではありません。

 

保険料の負担もさほど大きくありませんし、これを付け
ていなかったために弁護士案件になった際、自腹で弁護
士を雇わなくてはならないというのでは本末転倒です。

 

個人賠償責任特約は、家族が自転車に乗る
方などがいる場合には付けておきましょう。

 

最近では自転車の事故も過失が問われるようになっています。

 

そのような場合に、個人賠償責任特約を付けておけば示談
交渉サービス付きで保険金の支払いまで行ってくれます。

 

また、この特約のみを使用しても翌年度
の自動車保険の等級には影響しません。

 

ドライブレコーダー特約は、保険会社のドラレコ特約であれ
ば故障や破損をした場合は常に最新の機器が送られてきます。

 

動画送信サービスや、保険会社によっては事故現場駆けつけサービス
も付いており、録画するのみではなく付帯サービスが充実しています。

 

特に女性ドライバーや高齢者のドライバーの方などは、
事故時の安心料だと思って付けてみてはいかがでしょうか。

 

ダイレクト型と代理店型の使い分け

 

きめ細やかな対応を希望される人は、代理店型自動車保険をおすすめします。

 

もちろん、ダイレクト型自動車保険がきめ細やかなサー
ビスが受けられないというわけでは決してありません。

 

しかし、代理店型は対面でのやり取りが基本となっ
ていますので、電話だけのやり取りの代理店型より
はいろいろ気軽に相談などができるでしょう。

 

その分、代理店型の保険料は割高になっています。

 

保険料が高くても対面での対応を望む人は代理店型で契約、逆に
対面での対応を好まない人はダイレクト型がおすすめでしょう。

 

ところで、事故をよく起こして事故慣れし
ている方々がいるのをご存知でしょうか。

 

このような方たちは、事故処理に慣れているからダイレクト型で
もいいと思われがちですが、過去に事故が多発している方はダイ
レクト型自動車保険での契約を引き受けてくれないケースもあり
ますので、代理店型のみの選択肢しかないことも稀になります。

 

1年契約と長期契約どっちを選ぶべき?

 

1年契約と長期契約であれば、迷わず長期契約を選んでください。

 

等級プロテクト特約が廃止となった現在では、事故で発
生した場合の等級ダウンと事故有年数を多少でも短くで
きる可能性のある長期契約を選ばない手はありません。

 

あえて1年契約を結ぶとすれば、もうすぐゴールド免許にな
ることが確実な人などは、ゴールド免許になるまで1年契約
をしておき、ゴールド免許になってから長期契約を結ぶこ
とで長期契約のメリットを最大限に生かすことができます。

 

自動車保険各社の特徴

 

事故対応

 

事故対応については巷で様々なことが噂されていた
り、ネットで調べればいろいろな口コミが見れます。

 

しかし、これらはすべてその人たちの主観であ
ることを念頭においておかなければなりません。

 

一般の契約者の人たちは、自分の思い通りにならなかっ
たら評価の低い口コミをするのは当然のことでしょう。

 

ですが保険のプロが事故状況を判断してみると、
判例などに沿っておかしなところがなくても一
般の人が納得いかないことはよくあることです。

 

また、各保険会社は事故対応に特化しているなどの話も
ありますが、地域性もあり全国的にそうとは限りません。

 

事故対応についてはどの保険会社もきちんと行ってくれますの
で、地域によってここの保険会社が強い弱いなどはあったにし
ても、全体を見るとどの保険会社もそこまで遜色ないでしょう。

 

ロードサービス

 

ロードサービスについては、各社多少なりとも違いがあります。

 

まず、レッカー搬送での無料補償されるのが搬送距離な
のか搬送換算金額なのか、保険会社によって異なります。

 

また、ロードサービスを使ってレッカーでき
る車種も保険会社によって違いがあります。

 

会社によっては自動二輪や大型貨物やダン
プカーなども対象になることがあります。

 

他にも保険会社による違いとしては、保険会社の事故受
付センターを介して手配しないと補償の対象とならない
保険会社もあれば、自分でJAFなどを手配して領収書を
取っていれば後日清算をしてくれる保険会社もあります。

 

これらについては、保険加入の際に保険会社
または保険募集人の人に確認してください。

 

うっかり自分でレッカー搬送を手配したものの、事故受付
センターを介さなければ対象とならない保険会社だったり
すると、レッカー搬送代金は自腹になってしまします。

 

特約

 

特約は一般的に保険会社によって大きな違いはありません。

 

保険会社によって名称が違うだけで、内容はほぼ同等となっています。

 

その中でも特徴的な違いがるものといえば、車両保
険に付ける車両全損修理時差額費用特約でしょうか。

 

この特約は車両価額が50万円未満に
なった場合に付けられるものです。

 

保険会社によって修理時に車両価額を超えても50
万円まで補償するところと、車両価額プラス50万
円まで補償するところがあるので注意が必要です。

 

また、自転車によるケガの補償を特約で付けられる
会社もありますので、自転車に乗る機会の多い方な
どは検討するに値する特約となっています。

 

まとめ

これまでお話ししたように、自動車保険のおすすめプランと
いうのは保険会社が優先的に販売したいものをおすすめする
保険プランであることが多いということを理解してください。

 

とは言え、ご自身の車利用の環境やライフスタイルに合わせ
て必要な特約というものも確実に存在していますので、おす
すめプランへの契約は安易に決めず、自動車保険にはどうい
った特約があるのかをしっかり調べ、自分のニーズに叶う補
償をチョイスして決断することが重要だと思います。

 

 

TOPページに戻る