ネット型か?代理店型か?

CMでよく見かけるネット型自動車保険。

 

ソニー損保、アクサダイレクト、チューリ
ッヒなど複数社が競って宣伝しています。

 

ダイレクト型自動車保険とも言われていますが、
最大の特徴は何といっても保険料の安さです。

 

代理店で加入したケースと比べると、保険料が
数万円安くなるケースが当たり前のようです。

 

これほどまでの安さを実現しているのは、ダイレクト系
が採用している徹底したコストカット戦略にあります。

 

代理店に頼らず顧客と直接取引を行うことで手
数料を抑えたり、事故対応拠点を集約させるこ
とで設備費・人件費のカットを実現しています。

 

ただ、安さ故に事故時の対応が不十分になるのでは?
と疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

さて、1997年以降保険の自由化が実現され日本にも
外資系の安い自動車保険が次々と参入してきました。

 

いわゆる通販型自動車保険の登場です。

 

日本では1997年のアメリカンホーム社が先駆けとし
て通販型保険の第一号となり、その後様々な損保会
社がダイレクト型自動車保険を販売しています。

 

ネット型自動車保険の安さの秘密は、徹底したコストカット戦略にあります。

 

大きくは2点です。

 

@代理店を挟まないことで手数料をカット

 

ネット型自動車保険は、代理店に支払う手数料を
カットすることで保険料の安さを保っています。

 

自動車保険は保険会社から直接販売されることはありません。

 

私たちの身近なものに置き換えると、家電製品をメー
カーからではなく量販店が販売することに似ています。

 

自動車保険の場合も損保ではなく代理店が販売元とな
り、顧客に保険商品を提供しているというわけです。

 

この時、保険代理店は保険契約を取るごとに損保会社から手数料を貰っています。

 

簡単に言えば、保険商品を売ってくれたお礼のようなものです。

 

保険料は純保険料(純粋に保険に使われるお金)+付加保険料
(人件費・手数料など)で決められますが、代理店型の場合は、
この手数料がある分どうしても保険料が高くなってしまいます。

 

しかし、ネット型自動車保険はネットを使ってユーザーと
直接契約するため、代理店に支払う手数料がかかりません。

 

損保側としては大きなコストカットとなるため、
その分保険料も安く抑えられるということです。

 

A外注化を図り人件費をカット

 

外注化をうまく進めることも保険料の安さへとつながります。

 

事故が起きると、保険会社は鑑定や被害者・加害者との面談などを行います。

 

ここは機械化できないため、どうしても人間の力が必要です。

 

言ってしまえば人件費のかかるところ。

 

大手損保は鑑定人も自社で抱え、事故対応
拠点も全国各地に数多く点在しています。

 

しかし、ダイレクト型自動車保険は鑑定は外部委託し、
対応拠点も都市部に集約させていることが多いです。

 

大手損保のグループ会社なら親会社の対応拠点を利用するケースもあります。

 

こうした人件費のカットも、ダイレクト型自
動車保険ならではの戦略と言えるでしょう。

 

ネット型の安さゆえのデメリットとは?

 

ネット型保険にも弱点があります。

 

大きく2点です。

 

@代理店に見られるような担当者が付かない

 

ネット型は保険会社との直接契約となるので、
代理店の担当者のような存在がいません。

 

補償内容も自分で決めなければいけないですし、
そういう意味ではある程度の知識が求められます。

 

一方の代理店型ならピッタリな保険内容を選んでくれますし、
わからないこともこちらから何でも質問でき応えてくれます。

 

事故発生時にも駆けつけてくれる場合も多く、こうした
手厚い対応が代理店型自動車保険の大きな魅力でしょう。

 

ところが、代理店が勧めてくる補償プランが無
駄のないプランかと言えばそうとも限りません。

 

相手も営業マンですから、自社の利益を考え
てプランを提案してくることも当然あります。

 

逆にネット型であれば自分の保険を組むことができます。

 

短所長所とも言いますが、この点においてはどち
らにもメリットがあると考えることもできます。

 

A電話対応がメインとなる

 

事故を起こすと保険会社は事故対応を行ってくれます。

 

被害者との面談、示談交渉など、これはどこの損保でも相違ないです。

 

しかし、ダイレクト型の場合は対応拠点数が都市部に集約されてい
るため、地方の場合だと電話対応がメインとなることもあります。

 

顔も見えない相手と交渉してもなかなか話し合いがまとまら
ず、示談がスムーズにいかなくなることがあるのも事実です。

 

ダイレクト系の事故対応が悪いという噂

ネット型は事故対応が十分でないとも言われています。

 

果たしてそれは本当なのでしょうか?

 

ネット型だから事故対応が悪いわけではない

 

はっきり言うと、ネット型だから事故対応が悪いというのは全くの誤解です。

 

損保会社によって事故対応サービスの質に違いは現れるかもしれませんが、
ネット型だからと言って事故対応サービスが悪くなるわけではありません。

 

そもそも、ネット型であろうと代理店型であろうと最終的
には損保の事故担当者がその後の処理を行ってくれます。

 

例えば、事故直後の電話サポート、また相手側との示談交渉サービス
や修理費についての説明、これらはネット型でもすべて対応します。

 

代理店の担当者というのはあくまでも保険会社との仲介役
であり、何か大きな処理をしてくれるわけではありません。

 

ネット型は担当者がいないから、または安いからということを理由に
思い込みで事故対応が悪いと判断するのは早計だと言えるでしょう。

 

安さと事故対応の関係

 

ネット型の自動車保険の中でも、保険料が特に安い損保もあります。

 

代表的なのはSBI損保とアクサダイレクトです。

 

実際に見積もりを取ってみるとわかりますが、他社よりもかなり安いです。

 

こうした損保の事故対応が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

安いから揉めるではない

 

まず重要な点として、交通事故は保険の問題ではなく損害賠償の問題です。

 

事故相手が存在していので相手次第であり、大
手でもダイレクト系でも揉めるときは揉めます。

 

交渉難航=事故対応が不十分というプロセスは成り立ちません。

 

かつての自動車保険には示談代行サービス自体ありませんでしたが、
今の時代はどこの保険会社でも示談代行サービスを行っています。

 

休日や夜間の初期対応も大手だけでなくダイレクト
系も同じように行っているため、この点は安くても
必要十分な体制は整っていると言えるでしょう。

 

ダイレクト系の初動対応時間に差異

 

逆にソニー損保やセゾン自動車火災といったダイレクト型の中でも、高め
の自動車保険はどれだけ価値があるのか気になるのではないでしょうか。

 

高めのダイレクト系でまず目につくの
が、初期対応サービスの対応時間です。

保険会社 平日 土曜・日曜
SBI損保 9:00〜19:00 9:00〜17:00
アクサダイレクト 9:00〜19:00 9:00〜19:00
ソニー損保 9:00〜20:00 9:00〜20:00
セゾン自動車火災 9:00〜20:00 9:00〜20:00


365日24時間事故受付という表現を聞いたことがあるかも
しれませんが、受付と事故対応を行うのとは別の話です。

 

初動と言いますが、事故が起きた時にど
のように対応するかは非常に重要です。

 

自分が加害者側なら、「相手から代車を要求された」「病院
から治療費を請求された」などわからないことも多いですか
ら、初期段階で説明や対応してもらえるのは安心できます。

 

この点は少し安めのダイレクト系の方が見劣りするとは思いますが、
事故は基本的にその場では解決しません(修理や治療後に示談)か
ら、明日改めて連絡しますという対応で問題ない事の方が多いです。

 

その昔は、大手も金曜日の夜に事故があっても週明けの月曜日に
連絡しますという対応でしたから、現在は安めのダイレクト系と
しても、翌日対応を取っているので随分進歩したと感じています。

 

 

現場急行サービスで手厚いサポートを実現

 

次に、高めのダイレクト系では現場急行サ
ービスを提供しているのが目につきます。

 

事故現場への急行サービスはソニー損保だとセコム、
セゾン自動車火災だとALSOKに外注しています。

 

これは、顧客の要望に応じて警備会社の
隊員を事故現場に派遣するサービスです。

 

大手損保では現場急行サービスは提供していませ
んが、代理店の人が駆けつけることがあります。

 

現場急行サービスは安めのダイレクト系にはありませんので、
事故を起こして不安の中では心強いサービスと言えます。

 

一方、警備会社の隊員には示談の権限も支払いの権限もありません。

 

あくまで一般論の説明や事故現場の確認が主な業務なので、
その場で解決することはありませんのでご注意ください。

 

事故は双方利害が激突する場合もありますので、そんな殺伐と
した場面では警備会社が来てくれるのは安心かもしれません。

 

セゾン自動車火災ではつながるボタンというものを配布し
ており、スマホアプリと連動して、ワンプッシュでALSOK
の駆けつけ要請ができるのは面白い仕組みだと思います。

 

SBI損保・アクサダイレクトの訪問サービス

 

一方、SBI損保やアクサ、ソニー損保もですが、死亡事
故や入院事故などでお客様訪問サービスを行っています。

 

これも大手損保では実施していないので、安
くても安心というところに繋がると思います。

 

もっとも、大手だと代理店が訪問したり全国に拠点があるの
で、拠点で担当者と面談したりということは当然できます。

 

言ってしまうと、大きな差別化にはならない印象のサービスです。

 

それでも曖昧なものではなく、そういう制度が選
択肢としてあるというのは意味があると思います。

 

安めのダイレクト系も必要十分な体制であったり、高めのダイレクト
系は対応面でその上を行っているのがわかるのではないでしょうか。

 

普段使いの車は高めのダイレクト系へ、あまり乗らないセカンドカー
は安めのダイレクト系などと使い分けしても良いかもしれませんね。

 

代理店型にはないネット型の強み

ネット型自動車保険ならではの強みは以下の通りです。

 

・とにかく保険料が安い
・ロードサービスが充実
・インターネット割引がある
・必要な補償だけを選べる
・強引な営業を受けなくていい

 

とにかく保険料が割安

 

ネット型保険は本当に保険料が安いです。

 

代理店を間に挟まないシステムを取っている
ため、保険料の大幅な削減に成功しています。

 

繰り返し述べていますので、改めてお伝えする必要もないでしょう!

 

ロードサービスが充実

 

ロードサービスの充実度もネット型保険の大きな強みです。

 

ネット型保険の各社は、大手損保との差別化を
図るためにロードサービスを強化してきました。

 

バッテリー上がりやキー閉じ込みなど簡易作業は大手も対応してく
れますが、無料レッカーの距離、トラブル時に用意してくれる宿泊
費や帰宅費などはネット型の方が充実している傾向にあります。

 

また、大手損保でロードサービスを利用するには、30分以内
の簡易作業の他は事故か故障でなければ対応してくれません。

 

例えば、冬場に凍結路面でタイヤが空転して抜け出せないスタックという
状況が起こりますが、大手は事故や故障でもない限り対応してくれません。

 

ロードサービスを呼んでもらうことはでき
ますが、費用は自己負担となっています。

 

一方ネット型は、対応している会社が多いので
ロードサービスはネット型に軍配が上がります。

 

インターネット割引がある

 

ネット型保険の場合、各社インターネット割引を設けています。

 

金額としては1万円のところが多いですが、中には
最大2万円の割引を実施している会社もあります。

 

こうした割引は代理店型にはないため、ネット型保
険の方が大幅に保険料を安く抑えることができます。

 

必要なものだけを選べる

 

ネット型の場合、自分に必要なものだけを選べるので
保険料の節約につながるというメリットもあります。

 

代理店型の場合、担当の販売員がおすすめのプランを紹介してくれま
すが、場合によっては少し贅沢なプランを勧めてくることもあります。

 

その際に無駄なプランだと判断できたりきっぱりと断れればいいの
ですが、知識があまりない場合だと、これも付けた方がいいのか?
と言われるがままに契約してしまうケースも少なくありません。

 

一方で、ネット型保険の場合は時間をかけてじっくり
と保険内容を吟味できるので、自分に必要なものだけ
を選べるため余計な出費を防ぐことができます。

 

特約など、余計なものをおすすめされな
ければ自動車保険は割とシンプルです。

 

それほど難しいことではないので、わざわざ担当の営業マンを付け
なくてもしっかりとした補償プランを組むことは十分可能でしょう。

 

強引な営業を受けなくていい

 

代理店型の場合、営業マンから補償プランを提案されることに
なりますが、どうしても強引な営業をされることがあります。

 

代理店も自社の儲けがありますから、自社にとって有利
な補償プランや損保会社を勧めてくることがあるのです。

 

ネット申込ではそうした強引な営業活動を受けることも一切ありませ
んから、余計なストレスを抱えることなく保険を選ぶことができます。

 

まとめ

今や自動車保険もネットで選ぶ人口が非常に多くなっています。

 

申し込みの手軽さ、保険料の安さ、そして大手損保では得られな
いロードサービスの充実などがネット型保険が選ばれる理由です。

 

背に腹は代えられぬと言いますが、やは
り保険料の安さに勝るものはありません。

 

近年は事故対応も各社充実しており、特にソニー損保やセゾン自動
車火災などはユーザーの満足度も非常に高いものとなっています。

 

保険料に加え、ユーザーの満足度も高まっているネッ
ト型自動車保険は、更新間近な人もそうでない人も、
気になった時点で見積もりを依頼することが大切です。

 

一括見積りは、最短5分程の入力だけで簡単にできるサービスです。

 

まずは一括見積もりをしてみて、保険料の
見直しを図ってみてはいかがでしょうか。

 

 

TOPページに戻る