30代のおすすめ自動車保険

30代になると運転にも慣れてきて事故リスクは低くなることに加
え、年齢条件も付くため保険料はかなり安くなる傾向にあります。

 

おすすめは、浮いた分の保険料で補償を手厚くすることです。

 

今までは車両保険付帯を我慢していたり、特約などもあ
まり付帯しなかった方も多いと思いますが、30代は20代
と違って守るべきものが増えてくる年代だからこそ、保
険料と補償内容のバランスを重視することが大切です。

 

20代の頃は保険料も高いですし収入もまだ少な
いでしょうから、補償内容よりも保険料を重視
した保険選びをしていた方も多いと思います。

 

しかし、30代になると結婚をしている方、お子さんがいる
方、また会社で責任のある立場の方も少なくないでしょう。

 

それは、守らなければならないものができたということですね。

 

20代の頃とはライフスタイルが違うからこそ、自動車
保険や保険会社の選び方も変えるべきだと断言します。

 

20代は保険料が高い時期ですが、その保険料を安くするため
に車両保険を付けなかったり人身傷害保険や搭乗者傷害保険
を低く設定したりと、様々な工夫をしていたと思います。

 

しかし、30代は事故リスクの低下、そして年齢条件など
によって20代の頃と比べて保険料がグッと安くなります。

 

つまり、今まで付けられなかった補償も少ない
負担で付けることができるようになるでしょう。

 

守るべきものがあるからこそ、自分や大切な家族を守
ってくれるだけの補償内容にしておくことが大切です。

 

「新車を購入したら車両保険を付けよう」

 

30代になると収入が増えてきて、お気に入りの新車を購入する人も多いです。

 

そうした場合は、できるだけ車両保険に入っておくのがおすすめ
です。車両保険の保険金額は契約時の車の時価額に設定されます。

 

そのため、新車の方が保険加入のメリットは大きいです。

 

特に結婚している人となると家族の生活費、
子供の養育費など様々な出費が多くなります。

 

もし事故を起こして車を修理するとなると、そうした出費があ
る中での修理費捻出になるわけですから、かなりの痛手です。

 

相手がほとんど悪いような事故なら弁償してもらえま
すが、過失割合が同じくらい悪い事故、さらには相手
が無保険車の場合には修理費は自己負担となります。

 

そのようなケースに備えるなら、車両保険には加入しておいた方が安心です。

 

「車が必須の場合は車両保険に加入する」

 

仕事で車を使っている人や、車がないと生活できな
い場合も絶対に車両保険は付帯しておきましょう。

 

事故によって車が廃車になってしまえば仕事ができなくなってしまいます。

 

こうなると生活への影響も大きいですから、車両保険はほぼ必須です。

 

一般型とエコノミー型はどちらを選ぶべきか?

 

車両保険は一般型とエコノミー型があります
が、理想は一般型に加入しておくことです。

 

エコノミー型は、簡単に言ってしまうと自損事故は補償されません。

 

ですから、不安な方は一般型で保険を掛けておく方が安心というものです。
相手がいない事故、または動物をはねてしまった時でも補償してくれます。

 

30代で保険料を安くする方法

 

30代はもともとの保険料は安いですが、もっと保険料
を安くした方が家計の負担も減らすことができます。

 

更なる節約を目指すなら、補償内容を検討するよ
りも他社との保険料を比べてみるのが一番です。

 

自動車保険は同じ補償内容でも、保険会社によっ
て年間数万円の差が出るのは当たり前の世界です。

 

しかし、面倒なため保険会社の比較をしない人がほとんどかと思います。

 

保険会社を比べてみると、今の保険料より安い保険会
社が見つかるケースが多いですからおすすめします。

 

特に、カーディーラーで契約した保険をそのまま掛
け続けている場合は、ダイレクト型の自動車保険を
選ぶことで数万円単位の保険料節約が見込めます。

 

みなさんご存知のソニー損保、チューリッヒ、アクサダ
イレクトなど、CMでもよく目にする保険会社がありま
すが、一度は保険会社の比較をしてみて、その後今の
保険会社を継続するかどうかを考えることが大切です。

 

「30代の自動車保険の相場」

 

自分の保険料が高いのか安いのかを検討するために、他の30代の方
がどれくらいの金額を掛けているのか気になる人もいると思います。

 

そこで、30代の一般的な条件とともに、継続更改の場合
と新規加入(6等級)の場合の見積もりを取りました。

 

継続更改の場合

 

20代から自動車保険に加入していると仮定して、
等級は13等級と17等級の2つで計算してみました。

 

また、30代に人気の車種をいくつかピックアップして見積もりを取っています。

項目 概要
記名被保険者 31歳男性
使用目的 通勤・通学
運転者範囲 本人・配偶者限定
年齢条件 30歳以上補償
年間走行距離 10,000km超
免許証の色 ブルー
ノンフリート等級 13等級・17等級
対人・対物 無制限
人身傷害保険 3,000万円
搭乗者傷害保険 無し
車両保険 有り(一般型)
付帯特約 無し

車種 13等級 17等級
タント 47,880円 44,440円
ワゴンR 47,060円 43,690円
フィット 44,640円 41,480円
プリウス 54,930円 50,830円
ステップワゴン 54,570円 50,500円
エクストレイル 49,490円 45,880円


上記のように、概ね4万円〜6万円以内に収
まるのが30代の保険料の相場と言えます。

 

30代で初めて加入する場合

 

次は30代で初めて自動車保険に加入する場合で、等級は6等級で計算しています。

項目 概要
記名被保険者 31歳男性
使用目的 通勤・通学
運転者範囲 本人・配偶者限定
年齢条件 30歳以上補償
年間走行距離 10,000km超
免許証の色 ブルー
ノンフリート等級 6S等級
対人・対物 無制限
人身傷害保険 3,000万円
搭乗者傷害保険 無し
車両保険 有り(一般型)
付帯特約 無し

車種 6S等級
タント 105,073円
ワゴンR 105,750円
フィット 112,736円
プリウス 125,340円
ステップワゴン 154,004円
エクストレイル 149,250円


やはり初めての加入だと金額が高くなってしまいます。

 

これは等級が6等級になっているためです。

 

もちろん、今後等級が上がっていけば保険料は割安になっていきます。

 

ただ、事故などを起こして等級が6等級よりも下がって
しまうと保険料は割増されてしまうため、等級が下がら
ないようにできる限りの安全運転を心がけましょう。

 

また、20代と30代では30代の方が年齢の限定を付けられ
るため、同じ6等級でも30代の方が断然安くはなります。

 

初めて加入する人こそ、保険会社によって保険料が違
うことをわかっていない方も多いでしょうから、一度
は複数社の見積もりを取っておくことがおすすめです。

 

中には5万円も保険料が違ったなんてこともあり
ますから、他社と比較検討しておきましょう。

 

「30代で保険料が高いと感じた場合」

 

車両保険の免責金額を設定する

 

補償内容を削って保険料を安くするのはたやすいです。

 

特に車両保険を付けなければ保険料は大きく下がります。

 

ですが、補償内容と保険料のバランスを考えたいですから、そ
こでおすすめなのが車両保険の免責金額の設定に関してです。

 

免責金額とは、簡単に言えば自己負担金のことです。

 

例えば、100万円の修理費がかかる事故を起こしたとして免責金
額を10万円に設定していたら、100万円(修理費)−10万円(免
責金額)の90万円が保険会社から支払われるということです。

 

逆に5万円の修理費で済むような事故だとした
ら、修理費は保険会社から一切もらえません。

 

このように、自分にある程度の自己負担金を設定してお
くことで、保険料はかなり抑えることが可能なのです。

 

一例ですが、以下のようなケースを見てみましょう。

項目 概要
記名被保険者 31歳男性
車種 フィット
使用目的 通勤・通学
運転者範囲 本人・配偶者限定
年齢条件 30歳以上補償
年間走行距離 10,000km超
免許証の色 ブルー
ノンフリート等級 13等級・17等級
対人・対物 無制限
人身傷害保険 5,000万円
搭乗者傷害保険 無し
車両保険 有り(一般型)
付帯特約 無し

保険会社 免責あり 免責なし
SBI損保 44,390円 55,460円
セゾン自動車火災 56,390円 66,580円
三井ダイレクト損保 71,610円 81,830円


このように、免責設定をするだけで年間保
険料が安くなることが分かると思います。

 

自動車の運転に慣れている30代以降は、統計的に事故を起こしにくいです。

 

自損事故も起きにくいので、免責金額はある程
度高めに設定してもリスクは少ないでしょう。

 

ただし、運転に自信があるから車両保険も外そ
うというのはあまりおすすめではありません。

 

補償内容を削り過ぎないように気をつけましょう。

 

保険会社を見直してみる

 

もう一つは保険会社を見直してみることです。

 

自動車保険は同じ保険内容でも一社一社保険料が異なります。

 

中には数万円違ってくることも珍しくありません。

 

したがって、保険会社をしっかりと比較検討
し、安い保険会社を見つけることが大切です。

 

ダイレクト型自動車保険を選ぶ

 

自動車保険には代理店型とダイレクト型の2種類の保険があります。

 

もしあなたが車屋かディーラーで保険を掛けているなら代理店
型、ネット申込をしているならダイレクト型の自動車保険です。

 

一般に代理店型は保険料が高い傾向にあります。

 

それは、契約を結ぶたびに代理店には
販売手数料が支払われているからです。

 

その手数料分が保険料にも上乗せされているため、
その分保険料はどうしても高くなってしまいます。

 

一方のダイレクト型は、インターネットで保険契約ができる仕組みを
確立しており、コストカットできている分保険料も安くなっています。

 

30代で言えば数万円ほど違うのが一般的です。

 

しかし、代理店型は担当者が保険選びを手伝ってく
れるため、初心者にはやさしい保険となっています。

 

どちらが良い悪いというわけではありませんが、保険料を重視するな
らダイレクト型の自動車保険は必ず候補に入れておきたい保険です。

 

「30代の自動車保険で重視するポイント」

 

30代から初めて自動車保険を契約する人は、どこ
を重視して選んでいいのか迷われると思います。

 

そのような方は以下の2点をポイントにして下さい。

 

年齢条件・運転者限定の範囲は適切に

 

30代から初めて自動車保険に加入する場合に注意すべきことはと
いうと、何といっても年齢や運転者の範囲を適正にすることです。

 

30代の人しか運転をしない車なのに25歳以上の限定特約を
付けていると、それだけで保険の割引率が悪くなってしま
い、結果的に保険料が高くなってしまう可能性があります。

 

さらに、自分と奥さんしか乗らない車なのに家族限定
特約にしてしまうと保険適用者の範囲が広くなってし
まうので、やはり保険料が高くなってしまいます。

 

そのため、しっかりと適正な運転者の範囲
や年齢の範囲を決めておくことが大切です。

 

26歳以上割引だとだめなの?

 

保険会社によって年齢条件の設定はバラバラです。

 

下の表のように、30歳以上の年齢条件がない保険会社もあります。

保険会社 26歳以上補償 30歳以上補償 35歳以上補償
イーデザイン損保 ×
アクサダイレクト ×
チューリッヒ ×
ソニー損保 ×
三井ダイレクト損保 ×
損保ジャパン日本興亜 ×
東京海上日動 ×
三井住友海上 ×
そんぽ24 ×
セコム損保 ×
あいおいニッセイ同和損保 ×
SBI損保 × ×
セゾン自動車火災 × × ×


ただ、26歳以上限定しかない保険会社を
選んではダメというわけではありません。

 

実は、26歳以上限定割引のところでも、30歳以上限定
割引の保険会社より保険料が安くなる場合もあります。

 

あくまでも目安の一つとして捉え、その後はしっ
かりと保険料を比較して検討するのが大事です。

 

ロードサービスの充実度

 

また、家族を守るという点でロードサービスなどがし
っかりと充実している保険会社を選ぶことも重要です。

 

30代はマイカーを使った家族旅行も増えてくる時期でしょう。

 

そんな時、もしものトラブルが起きた際にしっかりとした
事故対応をしてくれる保険会社を選んでおきたいものです。

 

例えば、高速道路で故障や事故に遭遇してしまった時、
ロードサービスやレンタカーの手配などをスムーズに
対処してくれると大きなトラブルを避けられます。

 

夜中でもしっかりと事故対応をしてくれる
保険会社を選んでおくと、なお安心です。

 

ロードサービスの充実度は保険会社によって
違いますから、各社比較しながら選ぶことで、
安心してカーライフを過ごすことができます。

 

「30代ならではの付帯特約」

 

本人・配偶者限定特約

 

本人・配偶者限定特約は、保険料を安くするうえでとても大切です。

 

例えば、結婚をしている状態で車を運転する可
能性があるのは、自分と奥さんだと思います。

 

奥様が運転した際もしっかりと補償を受けることができ
るように、本人・配偶者限定特約は必要だと言えます。

 

家族限定特約を付帯しているから大丈夫だという方も、
奥様以外には自分の車を運転する人がいないのであれ
ば家族限定特約では保険料がもったいないです。

 

本人・配偶者限定特約を付帯していた方が安
くなりますので、こちらの方がおすすめです。

 

年齢限定特約

 

年齢限定特約は30代に限ったことではなく、保険料を安
くしたいのであればしっかりと設定しておきましょう。

 

30歳未満の人が運転しないのに全年齢補償や25歳以上補償の限定
を付けていると、それだけで保険料にかなりの差が出てしまいま
すので、間違えた年齢特約は付けないように注意してください。

 

年齢限定特約は代理店などで教えてくれま
すので、気になる方は相談してみましょう。

 

弁護士費用特約

 

弁護士費用特約とは、例えば交通事故被害に遭った時に保険会社
から弁護士費用を上限300万円まで補償してもらえる特約です。

 

一般的に交通事故の賠償金は自分で示談を行うよりも、
弁護士から行ってもらったほうがかなり増額できます。

 

また、相手側の保険会社はできるだけ支払
う賠償金を少なくしようと躍起になります。

 

相手もプロですから、一般人が対等に交渉しようとしても敵いません。

 

交渉を阻止されたら裁判を起こさなければなりませ
んし、また交通事故に関する深い知識のもとで根拠
を持って主張しなければならないからです。

 

自分が事故に遭って働けなくなったり、奥さんや
子供が事故に遭った際には非常に役立つ特約です。

 

家族みんなを守るためにも、加入を検討したい特約の一つです。

 

ペット補償特約

 

最近はペットを飼っているお宅も少なくありません。
ペットと一緒に車で出かけることもあるでしょう。

 

そのような時に役立つのがペット補償特約です。

 

今までの日本の保険では、事故などの際に同乗
しているペットのケガを補償できませんでした。

 

しかし、ペット特約が登場してからは、ペットのケガや亡
くなってしまった際の補償もできるようになっています。

 

ペットを連れてよくドライブに行くという方は、もしもの
事故に備えてペット補償特約を付帯しておくと安心です。

 

 

ここまで30代におすすめの保険をお伝えしてきまし
たが、一番大切なのは守るべきものをしっかりと守
ることができる保険内容かどうかということです。

 

役に立たないような自動車保険では何も守れませんので、
保険を選ぶ際には金額もそうですが、自分に本当に必要
な補償を優先してプランを立てることだと思います。

 

>>自動車保険一括見積りサイト

 

>>40代のおすすめ自動車保険のページに進む

 

自動車保険口コミTOPに戻る