20歳未満のおすすめ自動車保険

自動車保険は年齢によって保険料が変わりますが、
18〜20歳までの期間は保険料が最も高くなる時期です。

 

したがって、なるべく保険料は安くしたいと思うのも頷ける話だと思います。

 

保険料を安くする方法はいくらでもありますが、補償
内容の見直し、家族間での等級入れ替え、そして安い
保険会社選び、これらを組み合わせることで未成年の
方の保険料もある程度抑えることは可能となります。

 

ただ、18〜20歳は免許取り立ての新米ドライバーですので、も
しもの時のことを考えバランスの良い保険にすることも大事です。

 

「18〜20歳の自動車保険の相場」

 

自動車保険に加入するにあたり保険料が気になる方は多いと
思いますが、18歳の自動車保険はかなり高額となるようです。

 

補償内容やプランにより変わりますが、車両保険なしであれば15万円
〜20万円、車両保険を付けると30万円〜40万円程するのが相場です。

 

実際に18歳での人気の車種と、選ばれやすい
補償内容で複数社の見積もりを取りました。

 

(※知人の協力を得て、見積り条件においての保険料を表記しています)

項目 概要
記名被保険者 18歳男性
車種 @軽自動車N-BOX(型式DBA-JF3)

A普通車フィット(型式DBA-GK3)

使用目的 通勤・通学
運転者範囲 限定なし
年齢条件 全年齢補償
年間走行距離 5,000km以下
免許証の色 グリーン
ノンフリート等級 6S等級(新規)
対人・対物 無制限
人身傷害保険 5,000万円
搭乗者傷害保険 無し
車両保険 無し
付帯特約 無し

@軽自動車N-BOXの場合

保険会社

車両保険
(一般型)

車両保険
(エコノミー型)

車両保険なし
損保ジャパン日本興亜 284,340円 212,420円 121,060円
東京海上日動 347,250円 212,420円 171,150円
あいおいニッセイ同和損保 401,370円 293,530円 158,600円
SBI損保 306,660円 236,310円 116,860円
アクサダイレクト 284,340円 266,350円 139,220円
三井ダイレクト損保 301,520円 221,230円 134,180円
イーデザイン損保 484,630円 343,120円 191,630円
チューリッヒ 489,840円 396,500円 288,930円
楽天損保 507,640円 362,000円 205,090円
三井住友海上 見積り不可 見積り不可 168,500円
ソニー損保 見積り不可 見積り不可 163,240円

A普通車フィットの場合

保険会社

車両保険
(一般型)

車両保険
(エコノミー型)

車両保険なし
損保ジャパン日本興亜 289,750円 210,700円 135,990円
東京海上日動 351,460円 266,990円 184,500円
あいおいニッセイ同和損保 373,460円 296,880円 218,700円
SBI損保 276,180円 194,160円 118,980円
アクサダイレクト 316,570円 236,310円 154,670円
三井ダイレクト損保 305,660円 219,340円 147,320円
イーデザイン損保 472,610円 319,440円 201,040円
チューリッヒ 487,590円 368,790円 284,660円
楽天損保 538,550円 379,960円 248,730円
三井住友海上 見積り不可 見積り不可 192,020円
ソニー損保 見積り不可 見積り不可 171,740円

※SBI損保・チューリッヒは20歳で試算(20歳未満は加入不可のため)
また三井住友海上・ソニー損保は18歳の車両保険の見積もりは不対応

 

自動車保険は車両保険を付けるかどうかで保険料は大きく左右します。

 

付帯しなければ安くなりますが、その代わり自
分の車が破損した時には保険金は一切出ません。

 

車両保険の必要性はライフスタイルや価値観によって変
わってきますので、よく考えて決めるようにしましょう。

 

「なぜ18〜20歳の保険料は高いのか?」

 

保険料の仕組みをざっくりと言ってしまえば、事故のリ
スクの高さに応じて保険料も高くなるということです。

 

18〜20歳は初心者ドライバーであること、そして統計的にも事故を起こ
しやすいというデータが出ているため、保険料も高く設定されています。

 

自動車保険に限らず、保険というものは支払いリスク
がある人に対してハードルが高く設定されています。

 

例えば、生命保険は健康な人よりも持病を
持っている人の方がハードルが高いです。

 

自動車保険も同様で、事故率の高い人に保険加入しても
らうのは保険会社にとってはかなりのリスクとなります。

 

支払っている保険料よりも、事故により保険金の方が
多くなる恐れがあるため当然といえば当然でしょう。

 

このリスクを軽減するためには、事故率の高
い人から多くのお金をもらうしかありません。

 

つまり、18〜20歳等い事故率の高い人たちからはどうしても
高い保険料を徴収しなければならない実情があるわけです。

 

「18〜20歳の高額な保険料を安く抑える方法」

 

18〜20歳の自動車保険料は高いことを考えると、保
険料の節約テクニックを覚えておくと非常に便利です。

 

一般的な方法としては、以下の4つの方法が効果的です。

 

・親の等級を引き継ぐ
・各種割引を使う
・安い中古車に乗る
・ネット通販型を利用する

 

親の等級を引き継ぐ

 

自動車保険の等級は家族間で引き継ぐことができます。

 

例えば、父親の車が20等級だとしたら子供がその等級をもらっ
て子供:20等級、父親:6等級で保険のスタートが可能です。

 

ところが、厳密に言うと父親はセカンドカー割引を適用させ
ることがほとんどなので、7等級からのスタートとなります。

 

一見父親の等級が低くなってしまうので損に感じますが、年齢条件
やゴールド免許割引等が使えるため、家族全体の出費で見るとトー
タルでは保険料がかなり安く抑えられる仕組みになっています。

(例)家族間での等級入れ替え
項目 子供 父親 合計保険料
入れ替えなし

223,310円
(6S等級)

58,800円
(20等級)

282,110円
入れ替えあり

139,500円
(20等級)

72,410円
(7S等級)

211,910円


このように等級を入れ替えをすることで、年間保険
料が合計70,200円も節約することが可能となります。

 

家族内での様々な条件により抑えられる金額は変わってきます
が、少なくとも数万円の節約になるケースが多いはずでしょう。

 

入れ替えができる条件

 

等級引継ぎをするには以下の条件を満たす必要があります。

 

・契約者の配偶者
・契約者の同居の親族
・配偶者の同居の親族

 

注意点として、大学進学等で一人暮らしをしている子供は含まれません。

 

もし同居しているうちに保険契約ができるようなら、必
ず等級の引継ぎを終わらせておくようにしてください。

 

入れ替えができるタイミング

 

・新しく増車した車
・車を買い替えた車
・持っている車を譲渡・売却・廃車にした時

 

等級入れ替えは、未成年者の保険料を安くするオーソドックス方法です。

 

家族全体の保険料を安く抑えるテクニックとも言えますね。

 

「各種割引を使う」

 

自動車保険にはお得な割引も用意されています。

 

これらを有効活用することも節約のポイントです。

 

セカンドカー割引

 

セカンドカー割引とは、家族内で2台以上
の車を所有する際に適用される割引です。

 

等級は通常6S等級からスタートしますが、セカンドカー割引
を使えば7S等級からスタートできるので、1等級分お得です。

 

また、35歳以上の年齢条件と合わせて使えば40%程の割引になります。

 

セカンドカー割引適用の条件は以下の通りです。

 

・1台目の車が11等級以上であること
・1台目と2台目の用途車種が自家用8車種であること
・1台目と2台目の車の所有者が個人であること
・1台目と2台目の車の記名被保険者が個人であること
・2台目の所有者が1台目と同じ人・配偶者・同
居の親族または1台目の記名被保険者であること

 

インターネット割引

 

インターネット割引は通販型自動車保険に用意されている割引です。

 

ネットで新規契約を行うことで、保険料が約1万円程安くなります。

 

申込時だけでなく継続時にも割引してくれることが多い
ので、通販型自動車保険を選ぶことも一つの手段です。

 

「エコノミー型車両保険と免責金額の設定」

 

エコノミー型とは、一般車両保険の自損事故・当て
逃げ・自転車事故等の部分の補償を除いたものです。

 

一般型と比べると保険料は数万円〜十数万円安
くなります(車種・時価額などにより異なる)

 

また免責金額は、簡単に言えば自己負担金のことです。

 

免責をなしに設定すれば1円も払わずに車を修理す
ることができますが、その分保険料も上がります。

 

一方で10万円に設定すれば修理の際には10万円までは自分
で払わなければなりませんが、保険料はかなり下がります。

 

こうした工夫をすることも保険料を安くするポイントです。

 

「安い中古車に乗る」

 

安い中古車を選ぶ理由は、ズバリ車両保険を付ける必要がないからです。

 

車両保険で補償されるのはあくまでも時価の部分
までです。例えば、時価が100万円なら全損して
も100万円までしか保険金は支払われません。

 

こうなると、時価が低い車に車両保険を
付けるメリットはほとんどありません。

 

また、10万円の時価の車に車両保険
を付けてもほとんど意味がないです。

 

一般的には、50万円以下の車には車両保険は
付けるメリットはほぼないと言われています。

 

さらに、新車と違って多少傷が付いてと
しても精神的ダメージが少ないはずです。

 

安い中古車は車両保険を付けなくてもいいという
選択ができますから、保険料も安く抑えられます。

 

「ネット通販型を利用する」

 

最後はネット通販型を利用する方法です。

 

自動車保険には代理店型と通販型の2種類がありますが、
どちらが安いかというと圧倒的に通販型の方が安いです。

 

その理由は徹底したコストカット戦略にあります。

 

価格重視ならダイレクト型自動車保険がおすすめです。

 

 

まず、18〜20歳の保険料が高いからとい
って任意保険に加入しないのは厳禁です。

 

お金がないからと、無保険状態で車を運転するのは人間性を疑われます。

 

もし重大な事故を起こし、数千万円〜数億円の賠償
金を請求されたら人生の歯車が狂ってしまいます。

 

ですから、必ず自動車保険には加入してハンドルを握りましょう。

 

今はダイレクト型自動車保険がありますから、従来の
自動車保険よりもかなり安い保険が出てきています。

 

ネットの発達した現代だからこそできた保険の仕組み
なので、一括見積もりを駆使して、「自分にはコレだ
という自動車保険を見つけてほしいと思っています。

 

>>自動車保険一括見積りサイト

 

>>30代のおすすめ自動車保険のページに進む

 

自動車保険口コミTOPに戻る