車両保険

自動車保険は大きく分けると3つの補償に分かれます。

 

・相手に対する補償としての賠償責任保険(対人・対物賠償)

 

・自分や同乗者に対するケガなどの補償としての傷害補償保険
搭乗者傷害保険
自損事故傷害保険
無保険車傷害保険
人身傷害保険

 

・自分の車に対する保険としての車両保険となります。

 

このうち、付けるか付けないかで迷うことが多いのが車両保険ですが、車両保険は事故によって契約している車が損害を受けた場合に修理代などが保険会社から支払われるものですから、必要かどうかを迷うようなものではなく、やはり付けるべき補償だと言うことははっきりしていると思います。

 

ではなぜ、車両保険を付けるか付けないかで迷う人が多いかと言いますと、車を運転する機会が極めて少ないからといったことがほとんどの理由だと思うのです。

 

当然、車両保険を付けなければ保険料はかなり下がりますので、ほとんどのペーパードライバーにちかい人が車両保険を付ける必要があるかどうかと言うと、ちょっと返答に困りますが。

 

ですが、冷静に考えればどんなに運転回数が少ないと言っても、まったくのペーパードライバーでもない限り路上には必ず出るわけです。

 

いったん路上に出てしまえばどんな事故に遭うかは誰にもわかりません。

 

数万円、十数万円程度なら何とか修理代もかき集められるかもしれませんが、それ以上の金額にると、ある程度余裕資金が常にないと資金は難しく、そのためにフリーローンなどを組まなくてはならないケースも考えられます。

 

大げさに思うかもしれませんが、家計に深いダメージを与えないためにも車両保険はなるべく付帯するべきだと思います。

 

なお、格安で購入して修理せずに乗り潰すつもりの車なら車両保険を付けなくても良いでしょう。

 

また車両保険は補償範囲が4種類に分けられます。

 

もし保険料を考えるなら、この車両保険の補償範囲をどのあたりに設定するか検討してみてはいかがでしょうか。

 

・一般車両保険
他車との衝突
盗難・置き引き
自然災害
自損事故
当て逃げ

 

・エコノミー+限定A
一般車両保険から自損事故・当て逃げを省いたもの

 

・エコノミー
他車との衝突

 

・限定A
盗難
置き引き
自然災害の4つに分かれます。

 

保険会社によって、若干分類がコンパクトにまとめられている場合がありますので、公式サイトや自動車保険の口コミ・評判などを参考にして確認してください。

 

また、「エコノミー+限定A」は「エコノミー」と「限定A」を合体させたものですので、もし覚えるなら「一般車両」と「エコノミー」と「限定A」の補償範囲を覚えれば良いと思いますよ。

 

車両保険の免責金額と免責なし

車両保険において、また対物賠償保険においても免責金額の設定ができる会社が多くあります。

 

この場合の免責金額の設定とは、事故にあった時に決めた免責金額の部分までは自己負担しますよという決め事です。

 

表記として、
「免責0−0」
「免責0−5万円」
「免責0−10万円」
「免責5−10万円」
「免責10−10万円」
など各会社で異なりますが、このような書き方をすることがあります。

 

これは先の数字が1回目の事故の際の免責金額、後の数字が2回目の事故の際の免責金額という意味です。

 

例えば、免責0−5万円の場合は1回目の事故では自己負担はないけれども、2回目の事故では5万円の自己負担がありますよというものになります。

 

免責金額が5万円だった場合は、損害金額が20万円だったとしたら5万円が自己負担、保険会社から支払われる保険金は15万円ということになります。

 

「免責ゼロ」「免責なし」というのは、車対車の衝突・接触事故で相手の車と運転手・所有者が確認できた時に、1回目の事故に限って免責金額がゼロになるという特約です。

 

また「オールリスク免ゼロ」というのは、車対車以外の事故でも免責金額がゼロになるタイプです。

 

このように、免責金額を上げれば上げるほど自動車保険料は安くなるというわけです。

 

自動車保険口コミランキングTOPに戻る