自賠責保険を補う任意保険の意義

自動車保険の用語でよく聞く基本的な用語に自賠責保険と任意保険があります。

 

自賠責保険とは別名強制保険と呼ばれ、新車を購入したとき、あるいは車検を受けたときに法律により加入が義務付けられている保険です。

 

そして任意保険では文字通り、車を持っている人が任意で加入する保険のことです。

 

この任意保険は、自賠責保険だけでは補償できない数々の補償を補うことができるようになっています。

 

任意保険は、自賠責保険に加入しているドライバーがより多くの安心できる補償を求めて加入するものなのです。

 

では自賠責保険と任意保険の補償はどう違うのでしょうか。

 

自賠責保険では人身事故の補償を受けることができます。

 

この保険は自動車事故の被害者が最低限の補償を得ることを目的として作られ、車検が切れた車など、自賠責保険に未加入の車を運転した場合、懲役刑または罰金刑が科せられることになっています。

 

このタイプの保険は人身事故のみが補償の対象となっているため、自分で起こしてしまった事故や、建物などを壊すなどの物損については一切補償されません。

 

ただし家族や親族が車に同乗していた場合は、自分で事故を起こしてしまった事故で彼らがケガをしたり死亡してしまった場合に、保険金が支払われることがあります。

 

自賠責保険にはそれぞれ支払う保険金の限度額が定められていて、自動車事故によってケガをした場合、120万円がその限度額となります。

 

さらに事故によって後遺障害が残った場合は、障害者1級に認定されると4,000万円が限度額です。そして死亡した場合は3,000万円を限度額に支払われます。

 

しかし、自賠責保険でこれらの補償を受ける場合には自分自身でその申請をしなければなりませんので保険の知識がある程度必要になりますし、保険金の請求後は厳格な審査が行われることになるため、審査の結果によっては保険金が減額されたり保険金の支払いをしてもらえないということもあります。

 

いっぽう任意保険は、自賠責保険では足りない補償の範囲をカバーすることができ、自賠責保険の損害賠償額を補うことができます。

 

任意の保険は、加入者自身が契約の内容をよく確認しておく必要があります。

 

これは、契約の内容を確認しないと、せっかくの任意保険の補償の幅広さを活かしきることができないからです。

 

現在、相手のある自動車事故で相手との示談を代行してくれる特約が付いている自動車保険もありますが、こういった特約でも対象となる事故の種類が限定されていることもありますので、自動車保険口コミや評判を参考にしてあらかじめ確認しておくことが重要です。

 

任意保険の基本補償の種類

任意保険に加入しようと思っている人はその保険の補償内容について詳しく知っておいたほうが良いのですが、なかなかそうもいきませんね。

 

しかしいざ事故に遭ってしまった時に本来受けられるはずの補償を受けられなくなってしまう、なんてことにならないためにも、どのような状況で起こった事故であれば補償が受けられるのかを確認しておくことは重要だと思います。

 

任意保険にはいくつかの補償があります。

 

その一つが対人補償ですが、これは自分が事故によって他人を死なせてしまったり、ケガを負わせてしまったりした場合にその治療費や賠償金を支払うというものです。

 

この対人賠償は、自動車保険の補償の中でも特に重要なものです。

 

なぜならこの治療費や賠償金は莫大な額になることが少なくなく、時には数億円になることもあります。

 

個人でこうした額を支払うのは困難なので、任意保険に頼ることが必要になるのです。

 

こうした理由から、多くの自動車保険会社で対人補償は無制限に設定することが勧められています。

 

そして次に重要な補償が対物補償です。

 

対物補償とは他人の財産に傷をつけたり壊してしまった時などに、修理費等を補償するものです。

 

バスやタクシーなどと事故を起こして、その休業補償をするのにもこの対物補償が充てられます。

 

この対物補償も、基本的に無制限に設定することが勧められています。

 

さらに搭乗者傷害保険があります。

 

これは運転者と同乗者の中に、事故によってケガを負ったり死亡したりした場合にその補償を行うものです。

 

加えて自損事故保険です。

 

事故はいつも相手がいるとは限らないものです。

 

時には自分だけの単独事故も起こり得ます。相手がいたとしても、相手の過失割合がゼロである場合には自賠責保険や対人補償は適用されません。

 

そんな時に補償してくれるのが自損事故保険なのです。

 

また、近年必要性が叫ばれているのが、無保険車傷害保険なのです。

 

これは事故を起こした相手が対人保険に加入していない無保険車である場合に、充分な補償を受けるための保険です。

 

この無保険車には、相手が対人保険に加入していない場合はもちろん、年齢制限などの違反によって対人保険が下りない場合なども含まれます。

 

自動車保険口コミや評判でも言われておりますが、なんと車を運転する15%の人が対人保険に加入していないことが明らかになってから、急速にこの無保険車傷害保険の必要性が高まってきています。

 

その他に、車両保険や人身傷害補償保険なども基本的な補償となっていますので、これらの基本的な補償のうち、どれが重要なのかを把握して自動車保険を選ぶようにしましょう。

 

自動車保険口コミランキングTOPに戻る