自損事故傷害補償保険

自損事故傷害保険とは、自分の過失が100%、もしくは相手がいない事故を起こしケガや障害を負ったり死亡した場合に補償される保険です。

 

例えば、
・停車中の車に追突した。
・不注意でガードレールにぶつかった。
・センターラインをオーバーして対向車と正面衝突したといった事故のケースが挙げられます。

 

こういった事故の場合、同乗者は自賠責保険金が支払われますが(同乗者が車の持ち主でない場合)、ドライバーのケガや死亡に関しては自賠責保険からは1円も支払われません。

 

※自分の過失が100%であれば相手の保険からは一切支払われません。

 

そもそも相手がいない事故の場合は、相手に請求のしようがないからです。

 

そんな場合に最低限の補償をしてくれるのが、自損事故傷害保険というものです。

 

この自損事故保険はほとんどの場合「対人賠償保険」を契約すると自動的にセットされてくるので、特にこの保険だけを新たに加入する必要性はないかと思います。

 

ただし、この自損事故傷害保険を使うと等級が3ランクダウンしてしまうので、ちょっとしたケガなどの時は保険を使わないほうが得策だと思います。

 

そして飲酒運転や無免許での事故、自殺を目的とした事故などの場合には適用されないのでしっかり覚えておきましょう。

 

自損事故傷害保険は、ドライバーを守るための最低限の保険と考えておけば良いと思います。

 

自動車事故の種類は相手のある事故だけではありません。

 

相手がいない、運転者本人だけで起こしてしまう事故も多くあります。

 

そういった事故を単独事故と言いますが、単独事故について注意するべき点は、こういった類の事故は自賠責保険の補償対象外となっていることです。

 

単独事故でも、軽い事故から重い事故まで様々なものがあります。

 

居眠り運転で電柱にぶつかるといった追突事故を起こした場合も単独事故になりますし、カーブを曲がりきれずに車ごと崖から転落してしまったという場合もこの類の事故になります。

 

しかし、このような事故に対応できる自動車保険も存在しないわけではありません。

 

自動車保険の中には事故の相手がいない単独事故の場合でも、車の保険金を受け取ることができる自損事故傷害保険があります。

 

この保険は自分ひとりだけで事故を起こしてしまった場合や、相手がある事故でも自分の過失が100%である場合に、車の運転者や同乗者に保険金が支払われるというおすすめの自動車保険です。

 

自損事故傷害保険の便利な点は、単独事故で自賠責保険の補償を得ることができない車の所有者や、車を運転している人に対する補償があることや、対人賠償責任保険でも支払いの対象から外れている車の運転者に対する補償があることです。

 

この保険の補償を受けることができる人は、
・車を持っている人。
・車を運転する人。
・そして車によく一緒に乗る人たち(同乗者)です。

 

自損事故傷害保険に加入していれば、家の外で車の修理をしていた時に誤って車を隣の家のブロック塀にぶつけてしまったという時でも保険金を支払ってもらうことができます。

 

自賠責保険のみの加入では、このような事故は保険金支払いの対象にはなりません。

 

さらに、ニュースでたまに報じられることもある、ガレージなどから車を発進させる時に誤って自分の家族をひいてしまったという場合でも自損事故傷害保険が適用できます。

 

また、突然道路が陥没する事故に車が巻き込まれてしまったという時でも、この保険で補償が受けられます。

 

当て逃げにもいろいろなケースがあり、軽いものでは車の表面を少しこするだけで済みますが、ひどいものになるとバンパー交換を余儀なくされ20万円くらいの多額の費用がかかることがあります。

 

また、パネル交換でも30万円を支払わなければならないこともあります。

 

ですので、このような時に備えて単独事故に対応した自動車保険に入っておけば、車の修理代の負担を軽くすることができるということです。

 

自動車保険口コミランキングTOPに戻る