無保険車傷害補償保険

無保険車傷害保険というのは交通事故を起こして後遺症を負ったり死亡してしまった場合で、相手が無保険車で賠償金の支払い能力が無い場合に自分が契約している対人賠償保険と同じ額の範囲内(無制限の場合は2億円が限度)で、相手が負担するべき損害賠償の不足分を補償してもらえる保険です。

 

現在、公道を走る車の15%程は任意の対人賠償保険に加入していないと言われています。

 

ということは、単純に計算すると交通事故の10回のうち、1〜2回は無保険車と当たるということになるのでしょうか。

 

本当はこんなことがあってはいけないんだけど、そういう責任感のない人がかなりの割合でいるというのが現実なのです。

 

もしこういった任意保険に加入していない無保険車と事故を起こした場合、相手の自賠責保険の範囲内でしか補償されないという可能性が高いことになります。

 

自賠責保険の範囲といえば、
・死亡事故で3,000万円
・ケガの場合で120万円
・後遺障害は4,000万円です。

 

そして現実問題この額では補償金が足りないケースが多く、その結果十分な補償を受けられないだけでなく、病院にすら満足に通えなくなる恐れも出てくるのです。

 

無保険車傷害保険は、こういった事故の場合頼りになる保険というわけですね。

 

さて、無保険車傷害保険とはどんなときに支払われるのかを少し触れていきましょう。

 

無保険車=任意保険に加入していない自動車、あるいは加入していても補償内容が不十分な車との交通事故で...

 

@被保険者が死亡したとき。
A後遺障害の認定がされたときに支払われる保険ですが、あくまでも@とAの場合に限ります。

 

また家族の場合は、契約中の人が保険を掛けていない車や補償内容が不十分な車との事故で死亡したり、後遺症を認定された場合にも保険金が支払われます。

 

ただし、この場合の家族の範囲とは?
・記名被保険者
・配偶者(内縁関係も含む)
・記名被保険者、またはその配偶者の同居の親族
・記名被保険者、またはその配偶者の別居の未婚の子となっています。

 

そして無保険自動車との交通事故であれば、歩行中の事故も支払いの対象となります。

 

自動車保険口コミランキングTOPに戻る