人身傷害補償保険

人身傷害保険は、契約している車に乗っている搭乗車が自動車事故でケガや後遺障害を負ったり死亡したりした場合に、契約の保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われる実損払いの保険です。

 

人身傷害保険では、自分自身の過失分も含めて入院・通院した治療日数に関わらず、契約した保険金額の範囲内で実際にかかった治療費や休業補償、慰謝料などを全額補償してもらうことができるというものです。

 

また、人身傷害保険は契約車両に乗っている時だけでなく、被保険者とその家族は契約車両以外の車(友人・知人の車など)に乗っている時の事故や歩行中の自動車事故により死傷した場合なども補償の対象になります。  

 

例えば、事故を起こして重傷を負ってしまい2,000万円の損害が出たとします。

 

自分の過失が4割で相手の過失が6割の場合、相手の対人賠償保険からは自分の過失分4割が減額された1,200万円が支払われるだけで残りの800万円は自己負担となってしまいます。

 

人身傷害保険に加入していればこういった場合でも自己負担額の800万円を受け取ることができるので、損害の全額を保険で賄うことができるわけです。

 

もしこの事故が自分の過失が100%で相手の過失がゼロだった場合は、相手の対人賠償保険からは1円も保険金が出ません。

 

こういった場合でも、人身傷害保険に加入していれば治療費の2,000万円が支払われるということです。

 

それと、普通は相手方と示談が成立しないと保険金を受け取れないのですが、人身傷害保険の場合は損害額が決定した時点で保険金を受け取ることができるという利点もあります。

 

人身傷害補償保険の特徴

・実際に発生した損害額を補償してもらえる。

 

・示談交渉、過失割合に関係なく保険金額が受け取れる。

 

・契約内容によっては、歩行中など搭乗中以外の人身事故も補償対象となる。

 

・単独事故も補償される。

 

このように、自損事故補償や無保険車傷害補償にも共通するところがありますが、どちらも自動付帯保険ですから保険金額も限定的です。

 

また無保険車傷害補償はケガの補償は無く、死亡もしくは後遺障害とならなければ保険金は下りませんが、ケガの補償は自賠責保険から支払われます。

 

人身傷害保険は死亡・後遺障害はもちろんですが、ケガの補償も当然あります。

 

これは搭乗者傷害保険とは違い、入院・通院費等の治療費の実費のほか、休業補償、精神的損害(慰謝料)なども請求できます。

 

搭乗者傷害保険は日数払いの契約でも入院・通院費は定額払いですが、人身傷害保険は実際にかかった費用を請求できるというわけです。

 

したがって、搭乗者傷害保険とも補償内容は異なるということです。

 

そして搭乗者傷害保険も保険金額は過失割合に左右されませんが、人身傷害保険のように示談を待たずにというわけにはいきません。

 

搭乗者傷害保険は示談がまとまり、ケガの部位や症状または入院や通院日数が決まってから保険金が支払われます。

 

人身傷害保険は示談交渉に関係なく保険金が支払われますので、示談がまとまっていなくても損害額の計算が完了していれば保険金が受け取れるということです。

 

また示談に関係なくということですから、当て逃げなどで相手の所在がつかないような状況でも人身傷害保険は保険金が下りるんです。

 

言い方は良くないかもしれませんが、自動車保険会社の人事担当者が適切に手早く損害額の計算をしてくれさえすれば、相手が示談に応じようとしなくても逃走して行方がわからない状態でも、自分を守るということができるということです。

 

自動車保険口コミランキングTOPに戻る