自動車保険口コミランキング!三井住友海上

国内3大損保の1つ三井住友海上火災保険の「GKクルマの保険」は、加入時に対面で担当者と相談できる代理店型の自動車保険です。

 

安心の事故対応と充実のロードサービスを売りに、国内損保が取り扱う保険料収入の約3割のシェアを誇っていますが、保険料はやや高めです。

 

補償内容を「安心基本プラン」「おすすめオプション」にグループ分けし、自動車保険のことを良く知らない人でも優先順位が高い補償内容はどれなのかがわかるよう工夫をしています。

 

しかし、補償内容を把握しないまま「安心基本プラン」に加入してしまうと、ケースによっては補償太りとなる恐れもあります。

 

それでは、三井住友海上の補償内容の特徴や保険料について詳しく見てみましょう。

主な補償内容

相手への補償

「安心基本プラン」
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・対物超過修理費用特約

けがの補償

「基本安心プラン」
・搭乗者傷害(入通院/2区分)特約
・人身傷害保険
・重度後遺障害時追加特約
「おすすめオプション」
・ケアサポート費用特約
・差額ベッド費用特約
「その他の特約」
・搭乗者傷害(入通院/2区分)倍額特約
・搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約
・地震・噴火・津波(車両全損時定額払)特約
・車内手荷物等特約

車の補償

「基本安心プラン」
・車両保険
・車両無過失事故特約
・全損時諸費用特約
・ロードサービス費用特約(おくるまQQ隊を併せて提供)
「おすすめオプション」
・(新車向け)
新車特約
・(経年車向け)
車両全損(70%)特約
全損時諸費用倍額払特約
車両超過修理費用特約
レンタカー費用特約

自動車付帯の補償

「基本安心プラン」
・他車運転特約
・臨時代替自動車特約
「その他の特約」
・自動車事故弁護士費用特約
・自動車事故特約
・交通乗用具事故特約

その他の特約 ・弁護士費用特約

・日常生活賠償特約
・車内手荷物等特約
・ファミリーバイク(人身傷害型)特約
・ファミリーバイク(自損・無保険車型)特約


「安心基本プラン」は一般的にニーズの高い補償がセットになっていますが、セット割引等はなく、内容をよく見ると特約も多く含まれています。

 

例えば、けがの補償では「安心基本プラン」に人身傷害保険と搭乗者傷害保険が入っています。

 

人身傷害保険は乗車中の人がケガをして死亡して時、後遺障害を負った時、入院・通院した時に自分の過失分も含めて100%の損害(実費)を支払ってくれる補償です。

 

これは損害保険の特徴である実損払いという考え方です。

 

搭乗者傷害保険は、入院や通院に対して日額1万円など定額を支払ってくれる補償です。

 

人身傷害保険で実費が補償される他に入院費や通院費をカバーする補償が必要なのか?また、医療保険等に入っている場合は保障が重複していないかを確認したうえで、搭乗者傷害保険を検討する必要があると思います。

事故対応

初期対応受付時間 24時間365日
インターネット事故受付 インターネット・LINEからの連絡可
事故対応体制 ・専門スタッフチーム:示談交渉サービス、入院まごころ訪問、

紹介ネットワーク、安心コール、安心レターなど
・技術アジャスター:車の損傷状態、事故状況の確認
・医療アジャスター:治療内容、ケガの状況の確認


全国に176箇所の拠点網があり、自損事故を除く示談交渉はもちろん、独自ネットワークで交通事故に強い弁護士の紹介や、定期的な経過報告をしてくれます。

 

さらにスマートフォン対応の「スマ保」アプリで事故現場などの写真や動画を送信でき、事故対応の状況も随時確認することができます。

 

また、LINEから事故の連絡や事故の経過を確認できるなど、契約者との距離を縮める工夫がされています。

主なロードサービス

車へのサポート

・レッカーけん引は500kmまで対応、修理後に車を引
取るまでの交通費は落輪時の引き上げ費用も補償。
・バッテリー上がり
・ガス欠時のガソリン補給(10リットルまで)
・キー閉じ込み時のドア開錠
・パンク時のスペアタイヤ交換
・その他現場で30分以内に完了する応急処置

サポート拠点 全国約4,300箇所
人へのサービス

・帰宅費用サポート
・当面の目的地までの交通費
・必要な場合は宿泊費
・別途レンタカー費用特約あり
・スマ保(スマートフォンのGPS機能で位置情報や証券番号をQQ隊に送信)


おくるまQQ隊のネーミングで、24時間365日専用ダイヤルで対応しています。

 

バッテリー上がりとガス欠時のガソリン補給は保険期間中1回の利用に限りますが、内容を問わず、現場で30分以内に完了する応急処置でも利用できます。

 

レッカー移動も500kmまで対応してくれ安心ですね。

保険料・割引

割引

・2台目以上割引:2台3%、3〜5台4%、6台以上5%
・1DAYマイレージ割引(24時間自動車保険無事故割引)
・ゴールド免許割引:10%
・長期優良割引
・運転者本人・配偶者限定割引(対人・対物・人身傷害・車両保険など7%割引)
・運転者家族限定割引(対人・対物・人身傷害・車両保険など1%割引)
・新車割引(初年度登録から25ヶ月以内で割引あり)
・福祉車両割引
・セカンドカー割引


走行距離区分の保険料への反映はありません。

 

割引項目は多いですが、特にユニークなのは「1DAYマイレージ割引」です。

 

1DAYマイレージ保険は、車を借りるときに24時間単位でワンコイン500円から加入できる自動車保険です。

 

代理店からだけではなく、スマートフォンやセブンイレブンから手軽に加入できます。

 

例えば、普段の生活は夫婦だけで、年に何回か里帰りする子供が車を利用する場合などに利用価値がありそうです。

 

「夫婦限定割引」で7%の割引を取り、子供が里帰りして車に乗るときだけ1DAYマイレージを貯めて次回更新時の割引に活かすことも可能です。

 

気になる保険料ですが、見積りを行いシミュレーションをしてみましょう。

見積り条件

車種 アクア
使用目的 日常・レジャー
年齢 21歳以上、26歳以上、35歳以上
運転者 本人と配偶者
免許証 ゴールド

プラン A:車両保険なし B:車両保険(一般あり)
保険料(一時払い)

21歳以上:77,080円
26歳以上:53,010円
35歳以上:47,370円

21歳以上:134,740円
26歳以上:94,410円
35歳以上:81,600円

割引

ゴールド免許割引
新車割引

車の補償

車両保険:150万円
免責金額:5万-10万円

相手への補償

対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限

けがの補償

人身傷害補償保険:3,000万円

その他の補償

自動車事故弁護士費用特約
おくるまQQ隊(自動付帯)


保険料は全体的に高めな印象。

 

表にはありませんが、21歳未満の運転者がいる場合、車両保険なしでも20万円以上の保険料となりそうです。

 

子供が免許を取得して初めて運転する場合、運転者の年齢条件が21歳未満(年齢問わず)になるうえ、本人・配偶者限定割引から家族限定割引に切り替わり(割引率7%から1%)、大幅な保険料のアップにつながります。

 

子供がたまにしか車に乗らないのであれば、1DAY保険で対応することも考えてみましょう。

 

また、「安心基本プラン」では人身傷害補償保険が5,000万円に設定されている他、様々な特約が自動的に付帯されているため、保険料は21歳以上で25万円程になると予想されます。

 

逆に、弁護士費用特約はオプションとなっているため、「安心基本プラン」にそのまま加入すると自損事故の示談交渉の弁護士費用は出ません。

 

国内3大損保の1つで事故対応やロードサービス等安心感はあるものの、やはり保険料は高めです。

 

特に25歳までの保険料は最低ラインの補償でも車両保険を付けると20万円を超え、若い世代が払うには厳しい金額でしょう。

 

加入時に親身になって相談にのってくれ、加入後も商品の改正点やお得なサービスなどの情報を提供、事故時はもちろんしっかりとしたフォローをしてくれる代理店であれば、保険料が高い分はそのコンサルティング料と捉えることもできるでしょう。

 

しかし、補償内容に対するコストパフォーマンスを重視する人は、ダイレクト型自動車保険も含めた一括見積りへの依頼を検討してください。

三井住友海上〜契約者の口コミ

良い口コミ

 

ゴールド免許割引が大きかったので選びました。


 

主人の会社で団体割引があり、毎月の給料から保険料天引きという形で、加入してから7年目です。料金は車両保険なしにしては、ちょっと高めかもしれません。事故対応として利用したことはありませんが、バッテリー上がりで電話した際にはとても対応よく、早急に提携先のロードサービスを手配してくれたのと、提携先のロードサービスの対応も大変よく、その場で思っていたより安くバッテリーを交換してくれたりと至れり尽くせりで、大変感じが良かったので契約し続けています。


 

ニーズに合わせて特約を付けられるのが良かった。


 

とにかく丁寧。こちらにしかお世話になったことがないので他社との比較ができませんが、車でオカマをほった際に、私が加害者ということですごく落ち込んでいたら、親身に心寄り添ったような対応をずっとして下さり救われました。接客のプロを超えた思いやりの伝わる対応でした。


 

もらい事故にあった時に自動車保険を使いました。状況的にはこちらには過失責任が無いように思いましたが、相手との示談交渉にかける時間と手間がもったいなかったので、保険会社の示談交渉サービスを利用することにしました。コールセンターは一発ですぐにつながり、担当者の電話応対はとても丁寧なものでした。事故の経験は初めてではなかったので、示談交渉の手続きは把握してはいましたが、改めて最新の情報を手際よく説明してくれたことは好感が持てるものでした。当たり前の事ですが、基本的に契約内容以上のことはしてくれません。今回も、過失責任の割合の主張について口では頑張って交渉していますとは言うものの、結果的にはマニュアルにある過去の事例との照らし合わせで、算出された割合以上のものにはなりませんでした。それ以上の交渉はあっさりと弁護士特約の使用を勧められ、弁護士特約はユーザーのみならず、保険会社の保険でもあるのだなと感じております。また、特に急ぐ内容がなかった事例でしたので、連絡はメールでやり取りしたかったのですが、先方に電話のみと断られてしまいました。案の定、留守録と担当者から折り返しの連続になってしまい、ここは改善して欲しいと感じた部分でした。おおむね、保険会社の対応は満足のいくものです。丁寧かつスピーディー対応をしてくれましたので、大きな不満には繋がりませんでしたので、今後も三井住友海上とお付き合いするでしょう。


 

事故を起こした際の担当者の対応がとても良く、親身になって事故解決へと導いてくれました。


 

三井の時から加入しており、自損事故で過去に4回ほどお世話になっていますが、いずれも、もめることなく対応してもらいました。父が言うには、額が毎回大きかったので規模の小さいところではなかなか保険が下りなかった可能性もあるそうです。


 

現在、インターネットでとても安い保険料の自動車保険に加入できるようになっています。でも私は三井住友海上さんで契約しており、母の代からの付き合いになります。安い保険があるとわかっているのですが、やはり顔が見える担当者がいるというのはいざという時に頼りになりますよね。保険は頻繁に使うようなものではありませんが、だからこそ、いざという時に信頼できる対応というのが重要なのではないかと思います。お互い顔がわかっているだけに、こちらの不利にならないようにと代理店の人も頑張ってくれますし、事故の被害者になってしまったことがあるのですが、親身になって私の味方をしてくれました。さらに単独事故を起こしてしまった時も、すぐに駆けつけてくれたのには助かりました。車を運転するということは、一歩間違えるととても危険なことになります。だからこそ万が一のそんな時のために、信頼をおける代理店の方に自動車保険をお願いすることができて良かったと感じています。


 

代理店なので土日にすぐ対応。特に加害者側になってしまった時には、ものすごく頼りになります。被害者へのお見舞いなども行ってくれたり、人身扱いにならないように努力してくれたりしてくれます。通販にはこういったことがありません。保険料は高めですが、代理店型の三井住友海上はおすすめです。


 

長年三井住友一本できたし、親切な対応なのでこれからもお願いするつもり。コールセンターの女性の対応が凛としていて、とても心強かったです。安心して任せられます。


 

初めて事故にあったが対応はスピーディーでした。当て逃げされて追いかけた経緯を話したところ、距離を測定し相手の保険会社にも報告したほうがいいと、事故後15分もしないうちに電話で連絡をくれました。事故の相手が大手の東京海上でしたが、10対0で対処してくれたんです。そのうえ、勝手に借りたレンタカー代も保険で対応してくれたので本当に感謝です。


 

個人代理店で三井住友海上の自動車保険を契約していました。ダイレクト型と比較すると、代理店がついてくる事が逆に面倒な気もするんですが、万が一の事故のことを考えると安心感があります。以前、遠出した時に故障で車が動かなくなってしまったことがありますが、ロードサービスの窓口への連絡や代車の手配、自宅までの帰宅費用など、こちらは何もしなくてもすべて対応していただきました。毎年の更新時には、私のニーズに応じて細かく条件を変更した見積もりを出してくれて、ギリギリまで保険料を安くすることができました。でも、代理店で契約すれば同じ対応をしてもらえるとは限りません。見積もりを何ヶ所かで依頼して、そのときの担当者の対応などで契約する代理店を決めることが大切なんじゃないかと思います。


 

加入している自動車保険の料金が高いのか安いのか正直よくわからないのですが、個人的には納得できる金額です。今まで幸いにも事故を起こしたことがないので、事故対応についてはわかりかねますが、保険内容について電話で問い合わせた時には、こちらの質問に丁寧に分かりやすく答えてもらいました。保険の更新の際も、早めに資料を郵送してもらえるので助かっています。ネットの評判などでは厳しい意見もあるようですが、個人的には補償内容もしっかりしてるし対応にも満足なので、これからも継続していこうと思っているとても良い自動車保険です。


悪い口コミ

 

三井住友海上の自動車保険を代理店で契約。以前、保険料の支払いは必ず代理店へ直接現金を持って行き払っていた。でも最近は現金で支払うことを嫌がる代理店があるため理由を聞いたところ、保険会社からそうするように言われているとのこと。実は保険料を代理店が持ち逃げしてしまう事件があり、現金のやりとりはしない方向になったそうなんです。ただそんなのは契約者には関係ないことで、三井住友海上に問い合わせてみると、現金で支払うことも可能との回答。現金払いを嫌がる代理店があるのが事実です。改善して欲しい。


 

ダイレクト型自動車保険が、保険料の安さを売りにして努力を増してきているようですが、私の契約している三井住友海上などの代理店型の保険会社はまだ保険料が高いまま。代理店を利用しているので仕方ないのはわかりますが、それでもダイレクトと比べるとあまりに保険料に差があるので驚かされます。そろそろネット保険に乗り換えようと思っています。


 

事故時の対応に腹が立ちました。事故の内容を説明するよう言われたので話すと、え〜はぁ〜と、ただ相槌をうっているとしか思えない態度。最終的には、上から私だけが悪いのでこちらは全く関係ないですと言ってきました。あまりにも対応が悪いので、車の代理店さんと知り合いの弁護士さんに間に入ってもらいすべて対応してもらったところ、急に態度を変えてきて下手に出てきました。相手によって態度を変えるなんて、人としてどうかと思います。保険会社が悪いわけではないと思いますが、これはその人の問題なのかもしれません。しかし対応がひどかったです。


 

事故相手の保険会社ですが、相手が全面的に過失を認めているのに過失割合を「保険会社として」ばかり繰り返し、こちらの要求を全然認めない。こちらが被害者にも関わらず、心無い事務的な対応ばかりで腹が立ちました。


 

当方被害者です。事故が起きてから4ヶ月経ちますが、こちらが怪我をしているのに電話一本も無く、しかも通院代も払わずで、自分の加入している保険会社が通院費をみてくれています。自分が加入している保険屋がしっかりしていても、相手の保険会社がこのざまだと精神的にやられます。


 

自損事故の対応でこちらが嘘をついたかのように、何点かの損傷のうちのこれこれについては保険料は出せませんから、ということでした。写真画像を見ただけの専門家の意見だそうですが、真実を言っているのに頭から聞く耳を持たない態度に気分が悪かったです。


 

私は被害者側の立場です。あまりにも三井住友海上の担当者さんの対応がずさんでした。必要な書類もなかなか送付してくださらず、こちらから連絡をして慌てて送付されたり、昼間は仕事があるから電話は夕方以降でとお願いしているのに毎回仕事中に連絡がありました。電話でもすっごく横柄な態度だった為、主人が窓口として対応しだしたら急に媚びへつらってきました。自分がこの会社に加入していて事故を起こした時に、こんな対応をされては困ると思いました。


 

保険を見直した際、今までの保険料の高さに愕然としました。ネットで見積もりをしたら他社とは3万円違いました。代理店を通じてだと高いのかわかりませんが、この何年か払いすぎていたことにショックです。やっぱり自分で調べることは大事だと実感しました。


 

搭乗者保険を適用しようと申請しましたが、カスタマーから担当者まで折り返し折り返しと言っておきながら、全く電話がかかってきません。全てこちらから早くして欲しいと言っての対応。


 

事故を起こしてしまったが、それから何の連絡もなく書類が送られてきただけ。これが三井住友の言う安心の対応なのですか?担当がころころ変わるし、その度に対応の良し悪しも大きく変化する。本当にこのままでいいのか疑問。


三井住友海上の自動車保険〜口コミまとめ

三井住友海上といえば、自動車の任意保険以外にも自賠責保険や火災保険なども取り扱っています。

 

代理店型の自動車保険で自賠責も扱っているので、車を購入する際などに、ディーラーに勧められて加入したという方も多いのではないでしょうか?

 

自動車保険の乗り換えを検討している人でも、業界最大手クラスの損害保険会社ということで、自動車保険を探していれば必ず目に付くと思います。

 

ですが大手の会社って名前が前面に出る分、その中身についてはあまり分からないという方が多いのも事実です。

 

三井住友海上口コミの評価ですが、良い口コミは「補償の手厚さと対応の良さ」、悪い口コミは「保険料の高さ」が目立ちます。

 

当然と言えば当然なんですが、保険に限らず「価格」と「サービス」は比例するので、手厚い補償や対応を求めれば、当然そのための人件費等で保険料は高くなります。

 

逆に保険料を下げようとすれば、それはどこかで補償や対応を削らなければならないということなんだと思います。

 

保険とは万が一に備えてかけるものなので、その補償を削るのであれば、保険をかける意味そのものがないのではないかと思っています。

 

お金が掛かるものなので、出来れば十分な補償と迅速な対応を備えてもらいたいですよね?

 

自動車保険口コミランキングTOPに戻る