自動車保険の口コミと評判

自分が契約している自動車保険が良いのかどう
かは、事故を起こしてみると分かると思います。

 

加入者の自動車保険口コミの評価は、事故を起こした
後か事故を起こさない時かでポイントが違うでしょう。

 

自動車保険は車を運転する人にとってはごく
一般的で、ほとんどの人が加入しています。

 

むしろ加入していないとその人間性を疑われてしまうものです。

 

事故を起こした場合、必ず損害賠償をしなければなりません。

 

そのとき賠償能力がない場合は、賠償金を支払わないと言えるでしょうか?

 

そうなった場合、被害者がその宅の家計を担っている
人ならばその家庭は一変してしまいますし、損害賠償
できないということは相手を傷つけることなのです。

 

ですから人間性を疑われるのです。

 

その自動車保険口コミの評価は、事故を起こさない
時はお守りであってそのありがたみは分かりません。

 

したがって、保険料が安いことが自動車保険の評価になるかもしれません。

 

何のおかげもないものは安い自動車保険のほうが良いに決まっています。

 

しかし事故を起こした場合、その評価は一変してしまうでしょう。

 

その保険会社の事故対応についての自動
車保険口コミの評価になっていきます。

 

事故は一生のうちに何回も起こすことはないと思います。

 

したがって、事故を起こした人は何も分からないので
すし、それにどのような展開になるかとても不安です。

 

そのときに事務処理や事故の相手との交渉でトラブルになった
りしたら、その自動車保険口コミの評価は地に落ちるでしょう。

 

うまくいって当たり前なのです。

 

そして結果だけを報告するというより、経過説明も安心材料です。

 

事故については気にかかっているのですから。

 

近年はネットの自動車保険が人気を呼んでいますが、
事故になった時にネットの自動車保険では対応がど
うか、一抹の不安がある人もいることでしょう。

 

ネット保険の募集や保険料はとても魅力的です。

 

しかし、いざという時に役立つのかということがどうしてもついてきます。

 

ですから保険料が少しくらい高くても、代理店
型の自動車保険に加入する人がいるわけです。

 

私も事故を数回経験したことがあるので、自動車保険は事故に遭った
時にどのような対応をするかで決まるということを分かっています。

 

実際にネットの自動車保険もそのことをシステム化しているはずです。

 

したがって何の不足もないでしょう。

 

生命保険であろうが自動車保険であろうが、何も保険請求
事由がなければ単なるお守りですが、何か事が起こったと
きにどれくらい機能するのかによって、保険加入者の自動
車保険口コミの評価は違ってくるものだと考えます。

自動車保険の評判が良い保険会社

保険の価値とは、その保険が支払われる
ことになった時にその真価がわかります。

 

保険は何か形のある商品ではなく、サービスに対する対価とも
少し違う一種の不測の時のためのお守りのようなものですね。

 

そして実際に事故が起こった際に、はじめてその対
応や保険金を身近に感じられることができるのです。

 

自動車保険においては、実際に事故が起こり保険金の支払い
時もそうなんですが、特に事故に対する対応によってその保
険会社の真価が問われるといっても過言ではないでしょう。

 

ですので、自動車保険に加入の際に保険会社を選ぶと
きには、この事故対応をきちんと顧客の満足がいくま
で行ってもらえるかが重要なポイントとなってきます。

 

車の保険料の安さも当然ですが、事故対応力の口コミ評価が
高い保険会社が人気のある自動車保険会社と言えるでしょう。

 

それでは事故対応力とはなんでしょうか?

 

事故に遭遇すると、まずどうしていい
かわからない人が大半だと思います。

 

そのために最初に電話をした時に適切で、
そして迅速な対応が必要となります。

 

その次に、自分が加害者の場合は相手との賠償交渉です。

 

自分にも被害が及んだ時は、その対応および指示を適切にしてもらえること。

 

これらが事故対応の大半を占めると思われます。

 

そして交渉時も頻繁な報告など、顧客と保険会社
とのまめなコミュニケーションが必要になります。

 

よく保険会社の事故対応でトラブルが多いのはこの部分だと思います。

 

これは自動車保険口コミを見ると確信できます。

 

実際に事故遭遇に慣れている人はいない訳で、仮に以前に
事故に遭遇しても、その事故の程度や状況によって全く別
の対応となるはずですので、交渉経緯が全くわからない状
況下において保険加入者は不安がいっぱいなのです。

 

その時に現在どのような状況になっているのか、今後ど
のようになるのかをきちんと報告を受けなければますま
す不安が増大するものと思いますし、その不安を少しで
も補うものが、適切な保険会社との意思疎通なのです。

 

この意思疎通が保険加入者にとって満足いくもので、自分が思う以
上に一生懸命対応してくれた、それらが伝わったのなら、当然この
保険会社で自動車保険を加入して良かったと思うし、それがまった
く逆で不安を取り除く対応をしてくれず不信感ばかり募るようでは、
この保険会社は頼りにならないという烙印を押してしまいます。

 

これらの対応がいかに適切で、そして迅速かを保
険加入者は求めており、それに応えるべく保険会
社の方も日々努力をしていることでしょう。

 

ですので、保険会社の方も事故対応力に力を入れてい
る会社がたくさんあり、そちらの会社は満足度の評価
も高いですし自動車保険口コミの評判も良いというわ
けですから、おすすめ自動車保険と言えると思います。

 

「私の見積り条件での一括見積り結果」

記名被保険者

40代男性

車種

アクア(2014年12月発売モデル)

型式

DAA-NHP10型

ナンバー

5ナンバー

等級

20等級

免許証

ゴールド

使用目的

日常・レジャー

運転者範囲

家族限定

年齢条件

21歳以上補償

年間走行距離

5,000km〜1万km以下

対人・対物

無制限

人身傷害

5,000万円

搭乗者傷害

1,000万円

車両保険

なし

自動車保険会社

年間保険料

自動車保険口コミ

SBI損保

18,550円

SBI損保は安いだけかと思ったら事故対応の姿勢も良く、動揺し

イーデザイン損保

20,270円

ほぼ土日だけの運転なので走行距離割引で保険料が安くなった。

三井ダイレクト損保

24,880円

「代車大丈夫です!」のオペレーターの対応を信じ、現場からか

アクサダイレクト

26,150円

以前はソニー損保に加入していましたが、事故対応のまずさに閉

ソニー損保

27,330円

100%自分に過失のある事故を起こしパニックになりそうだった

おとなの自動車保険

27,670円

10年ほどチューリッヒ保険を利用していました。特に不満もな

チューリッヒ

29,160円

今までにソニー損保、SBI損保、そしてチューリッヒで契約した

三井住友海上

36,070円

ゴールド免許割引が大きかったので選びました。ニーズに合わせ

東京海上日動

40,660円

対応だけが丁寧で事故の調査とかその辺はお粗末。 最大手が聞い

あいおいニッセイ同和損保

42,890円

保険業界でも嫌われ者。どこの保険会社にも見放されたガラの悪

 

>>自動車保険一括見積りサイト

格安で手厚い補償があったらぜひ加入したい

自動車保険を選ぶ際、保険料はできるだけ安いに越したことはありません。

 

保険内容によっては月数千円しないものもありま
すし、月1万円を超えてしまうところもあります。

 

補償内容を確認せず保険料だけで選ぶこ
とは、もしもの時に大変だと思います。

 

保険とは、万が一の時のための備えで加入するものです。

 

もしも、保険料だけで加入していて事故に遭ってしまった時、1円
も保険金が下りないということでは加入している意味がありません。

 

そのようなことを防ぐためにも、補償内容
きちんと確認しておく必要があるでしょう。

 

とはいえ保険について無知なら、「格安で手厚い
補償がありますよ!
」と言われれば、そうかな?
と思って加入してしまうこともあり得る話です。

 

何より自動車保険についての知識を持っておくことは大切だと思います。

 

まずはどのような補償内容があり、その場合どこまで保険
で賄ってもらえるのかを把握しておくことが必要ですね。

 

そして、どこまで保険で補償してもらえば安
心なのかを考えることも必要だと思います。

 

自動車保険ってたくさんの会社がありますし、
何よりプランもかけ方次第で千差万別です。

 

補償を手厚くすればその分保険料が高くなることは確実です。

 

しかし、手薄な補償内容では心もとないというのも事
実ではないでしょうか。保険料を最低に抑えたいと思
っても、最低安心できるだけの補償は必要と言えます。

 

また安心という材料で選ぶなら、スピーディーに対応し
てくれるのかということも考えておくのがおすすめです。

 

いつ事故に遭うのかは予測不可能だからです

 

そのような時にも安心できる保険会社は、代理店をた
くさん構えている大手の損害保険会社だと思います。

 

代理店もたくさんありますし、万が一の時に
もすぐに駆けつけることが可能になります。

 

さらに、車両保険を付けるのかどうかということも迷うところだと思います。

 

車両保険を付けることで保険料がアップしますし、
そこまでの補償は求めていないという人もいます。

 

しかし、その分若干保険料はアップしますが、愛車にも
しものことがあったとき修理の費用を自腹で払うことを
考えると、安い設備投資というものではないでしょうか。

 

そして支払い方法によって保険料が違ってきま
すが、年払いにすると月々支払うよりお得です。

 

自動車保険の補償内容を確認しつつ、安い
自動車保険を目指すことをおすすめします。

安い保険料で加入できる保険会社は?

自動車保険は任意保険なので、それに加入して
いなくても法律で罰せられることはありません。

 

しかし万が一事故を起こした時を考えてみましょう

 

自分に過失がない場合はまだ良いのですが、自分に過
失があった場合、相手の車を直す必要が出てきます。

 

修理費用が1万円とか2万円程度で終わるようなものであれば
保険は必要なく、自分の財布の中にあるお金を使って直すこ
ともできるでしょうが、何十万円も必要となる場合、簡単に
そのお金を払うことができる人はあまり多くはありません。

 

だから日頃はまったく必要ないし、また一度もそれを使
ったことがない人もいますが、万が一事故のことを考え
ると自動車保険には加入しておくべきだと思います。

 

また、その保険内容はある程度充実させておく方が安心でしょう

 

したがって、車を所有したらその車1台ずつ自動車保険
には加入する、これがドライバーとして必要なことです。

 

ただ自動車保険ですが、確かにかなりの範囲をカバーをし
てもらえるのでありがたいのですが、補償内容を充実させ
ればさせるほど保険料も高くなっていってしまいます。

 

しかも一般的には1年分を一括で払うようになっているので、
保険の更新月は出費がかなり多くなってしまうことがあります。

 

場合によってはその保険料で、家計がひっ迫されてしまうこともあるのです。

 

そこで自動車保険に加入するときは、自分の家の家計から
どれくらいの保険に加入できるかを調べる必要があります。

 

実は、自動車保険はそれぞれの会社によって基本的な保険料が違っています。

 

したがって、補償内容は大体同じような感じであっても、
場合によっては数万円保険料が違ってくる時もあるのです。

 

そのため、まず自動車保険に加入するときは自分の家の家計からどれくら
いの予算をそこに費やすことができるのかをはっきりとさせて、その予算
内で、まずは加入することが出来るような保険を探すようにするべきです。

 

そうすることによって、自分の身の丈に合っている
自動車保険に加入することができるようになります。

 

またその時ですが、なるべく保険料の相場とかを知っ
ておくのも良いでしょう。そうすることで、保険料が
高すぎるなんていう事を防ぐこともできるからです。

 

自動車保険は何かあった時のためにも、必ず加入し
ておくのがドライバーとしてのマナーだと思います。

 

またその時は、補償内容はある程度充実させておく必要があります。

 

保険料を気にして「保険内容をできるだけ削ってしまお
」なんていう人も中にはいますが、そうすると万が一
事故の時に充分な補償を受けることができません。

 

したがって、保険料を安くしたい時は内容を削るの
ではなくて、割安な保険料で加入できる安い自動車
保険会社を探すようにするのがおすすめです。

事故に役立つ補償内容は万全ですか?

自動車保険を検討するにあたっては、万が一の事
故の場合に役立つ補償内容であることが大切です。

 

自動車保険を扱う損害保険会社は多数あってどこを選ぶか迷うと
こですが、比較ポイントとしては、必要な補償の充実度と適切な
保険金額の設定をアドバイスしてくれるかの2点が特に重要です。

 

補償内容としては大きく分けて、
・相手方への補償
・ご自身や車の同乗者への補償
・ご自身の車の補償
があります。

 

相手方への補償には、事故により他人にケガをさせたり後遺障害
を負わせたり、死亡させてしまった場合の対人賠償があります。

 

対人賠償の賠償金は高額する傾向にあり、寝たき
りになってしまったり死亡した場合には、数億円
単位の賠償金が必要になることが多くあります。

 

そのため、保険金額は無制限がベストです

 

保険会社によっては保険金額を自由に選べるところもありますが、い
ざという時に自動車保険の役割を発揮するためには、無制限しか取り
扱っていない保険会社か無制限を強く勧奨している保険会社が、交通
事故賠償の実状を反映させていると評価できると思います。

 

相手の車を壊したり民家や店舗に突っ込んで破壊した場
合など、物に対する損害を賠償するのが対物賠償です。

 

これについても、事故に遭った店舗が休業せざるを得なくなっ
たり、相手の車が商用車や営業車である逸失利益が大きい場合
には億単位での賠償金の支払いが求められることがあります。

 

これについても無制限を推奨している保険会社が望ましいです。

 

ご自身や同乗者の補償として比較ポイントとなるのは、
人身傷害保険搭乗者傷害保険の取り扱いの有無です。

 

保険会社によりどちらか一方のみの取り扱い、もしくは両方扱っ
ていて選択が可能、さらに両方付けられる等に分かれています。

 

両者の補償の違いは、特にケガで入院した
場合の支払いのスピーディーさに現れます。

 

人身傷害補償は日数払いのため、入院日数が明らかになる
時点、多くは退院後に保険金を請求することになります。

 

これに対し搭乗者傷害では、部位・症状別方式を採用しているの
で、ケガをした部位と症状(骨折・打撲・切断など)が確定すれ
ば、予め定められたまとまった金額を受け取ることができます。

 

車の補償については、多くの保険会社で保険
料に差が出る数パターンが用意されています。

 

事故による車の破損から全損、故障や盗難などのトラブ
ルまであらゆるものに対応し、かつ免責額なしで保険金
を支払うワイド補償の場合一番保険料が高くなります。

 

免責額を設定すると一定の金額までは自己負担となり、その超過
分が支払われるので保険料を少し抑えることが可能になります。

 

さらに車対車限定Aと呼ばれるタイプでは、衝突事故を起こ
した場合に相手の車が分かる場合のみ補償、つまり当て逃げ
は補償対象外とすることで保険料を割安にするものです。

 

実は、車両保険が一番保険料に占める割合
が多いとも言われている部分になります。

 

なおかつ相手方の補償やご自身や同乗者の補償と違い、人命や
事故後の生活に大きく影響をもたらすものではないため、補償
の切り捨てや割り切りが柔軟に対応できる部分
でもあります。

 

車両保険にどのようなタイプを揃え、どのような選択肢があ
るかも自動車保険を選ぶ際の比較ポイントになるでしょう。

ロードサービスの充実度を比較する

自動車保険は、なにも事故を起こした時の補償だけではありません。

 

各種サービスが充実していることも知っておかなければならないでしょう。

 

車を利用している人で、強制保険だけで済ませている人はきちん
と任意保険で補償をカバーして欲しいのですが、その自動車保険
は事故の補償だけでなくロードサービスがとても充実しています。

 

例えばレッカー移動ですが、高速であろうと一般道であろうが
事故になった場合や車の故障などの時に絶対に必要な事です。

 

本来は有料であることは皆さんお分かりだと思います

 

しかし、自動車保険に加入していると各社いろいろな条件
がありますが、その条件に当てはまれば無料になります。

 

距離数での制限が多いと思いますが、大体35km以上と50km
以上の2つの距離制限があり、その制限距離以上であれば有料
になりますが、それ以下であれば無料ということになります。

 

これは意外と知らないことで、普段からロードサ
ービスがあることを認識しておくことが必要です。

 

ガス欠に関してはガソリン代は有料になりますが、
手数料などは無料になるところが多いと思います。

 

私はガス欠になったことはありませんが、もしこのサービス
を知っていたら安心して運転できることは間違いないです。

 

また、バッテリー切れでエンジンがかからないといった事はこれ
から冬になると多くなってきますが、最近はバッテリーを繋ぐブ
ースターを車に常備していない人がほとんどだと思います。

 

昔は私もブースターは車に常備していました。

 

寒い冬にバッテリーが上がるといった事はよくあり
ましたが、最近はバッテリーの性能もアップしてそ
のようなことが少なくなってきたものと思います。

 

キー閉じ込みも最近では少なくなってきたと思います。

 

それは、車の性能も遠隔でロックできる機能がほと
んどの車に付いているので少なくはなってきていま
すが、それでも皆無ということではありません。

 

タイヤ交換も無料でしてくれます

 

事故や故障などによって宿泊しなければならない時は、
ほとんどの自動車保険が宿泊費用を出してくれます。

 

条件的に車両保険に加入を義務付けたものがあります
が、ほとんどの自動車保険がその機能を揃えています。

 

車の修理で宿泊を余儀なくされても、余計な出費は心配しなくても良いのです。

 

そして最後に車上荒しに遭った場合の補償ですが、車両
保険の付加を条件にしている会社がほとんどですが、車
両保険を付加していればそれに対しても補償されます。

 

このように損害保険会社各社、様々なサービスがあります。

 

保険料だけでなくそのサービスも比較ポイントにして下さい

サービスセンターの多さは参考になる

自動車を所有しているのなら、自賠責保険
だけでは心もとないのが現状だと思います。

 

もちろん優良運転者であってもそうですし、ゴールド免許を所有してい
るからといって任意保険に加入しなくて良いというわけではありません。

 

さて、現代では自動車保険も様々な会社がありたくさんの
プランが出てきていますが、その選択肢の多さゆえにどの
保険会社を選んだらよいのかも悩みの種だと思います。

 

自動車保険を選ぶ際には様々なポイントがあります。

 

まずは保険料の支払い実績が多い、実績があ
るところを選ぶというのが大事だと思います。

 

それだけ実績があるところならば、もし
もの時にも安心して請求できるからです。

 

さらにポイントとして、サービスセンターの多さを比較してみましょう

 

なぜサービスセンターが多いことが、選択の際のポイン
トになるのかと思う人もいらっしゃることと思います。

 

それはサービスセンターの多さが、それだけ迅速に対応し
てくれるサービスが早いということにもつながるからです。

 

全国各地にサービスセンターがあり、たくさんのセンターを持っ
ているような大手の企業になれば、サービスの質を向上させるた
めに様々な細やかな対応を心がけてくれるというものです。

 

サービスセンターとは事故処理拠点のことを言います。

 

つまり、自分の住んでいる地域にこのサービスセンターがないと、
もしも事故を起こした時に対応してもらいにくいことになります。

 

このため、質の高いサービスを展開してくれるのは、もはや
サービスセンターそのものが反映しているというわけです。

 

事故の際は、修理の車などを実際に保険会社に
見てもらい、損傷の具合を確認してもらわなけ
れば保険が下りない仕組みになっています。

 

つまり地域にサービスセンターがないところでは、スピーディ
ーに対応してもらいにくいということになる可能性があります。

 

そのため、サービスセンターが多い保
険会社の方が有利ということなのです。

 

しかし、サービスセンターが多いことが安心につ
ながるかというと必ずしもそうではありません。

 

ひとえに担当の方の対応にもよります

 

加入している保険会社の担当の方の対応が良ければ、そ
れが一番安心ということも言えるのではないでしょうか。

 

とはいえ、保険会社を選ぶ際の一つのポイントとして、サー
ビスセンターの多さは比較してみる価値があると思います。

 

引越しが多い人ならなおさらではないでしょうか。

コールセンターの対応で分かる顧客満足度

最近はどんな企業でもお客様サービスセンターなるものが設置さ
れて、企業と消費者を結ぶホットラインとして活用されています。

 

もちろん保険にも、自動車保険にもそのようなものが設置されています。

 

自動車保険においても事故に遭遇した際に電話をかける
事故受付センターの他に、自動車保険に関する様々な事、
例えば契約内容であったり保険料の値上がりについてで
あったり、車を入れ替えしたときの手続きの問い合わせ
であったり、保険料の支払いに関することなどを問い合
わせる総合窓口のようなところがコールセンターです。

 

コールセンターは、電話での受付で自動車保険についてど
こに問い合わせればいいかわからない時には、ここに電話
すれば対処してくれるオールマイティーなところです。

 

コールセンターはこのように頼もしいセクションなのですが、
ただ一つの難点なかなか電話がつながらないという事です。

 

せっかく電話してもなかなか電話がつながらず、やっとつながった
と思っても「しばらくお待ちください」を永遠に繰り返されたり、
中には「しばらく経ってからおかけ直しください」というメッセー
ジとともに、電話が切れてしまうコールセンターもあります。

 

電話の問い合わせ件数が多いであろうと察せられる夜の時
間帯や土日などは、特にその傾向が顕著だと思われます。

 

コールセンターって一体何のために存在しているのでしょうか?

 

お客さんが困っている時に電話すれば助言をしてくれる頼
もしい存在でなくてはならないのに、なかなか電話が通じ
ず、かえってイライラしてしまうという話もよく聞きます。

 

最近はそんな顧客の不満に応えるべく、コールセ
ンターの改善を行って顧客満足度を高くしている
損保会社も見受けられるようになりました。

 

電話がつながりやすいようにコールセンターの人員を増やした
り、回線が混雑している時は、自分の電話番号や名前を録音し
ておけば向こうから順次電話してくれたり、予めインターネッ
トで自分の都合がいい時間を予約して相手から電話をかけても
らったりと、いろいろと新たな試みがなされているようです。

 

そんなサービスを行っている損保会社はとても好印象を持つこ
とが出来るし、お客さんを大切にしているのだと感じられます。

 

また、お客さんを大切にしている保険会社は、事故対応にお
いても細かいサービスが行き届いている場合が多いものです。

 

このようにコールセンターの待ち時間からも、その保険会社がどれ
ほど顧客満足度を高めるために努力しているのかも見てとれますね。

割引サービスに目を向けよう〜

車はとても便利な乗り物なのですが、気になるのはその維持費ですよね。

 

ガソリン代も高騰しているので、毎月結構ガソリン代が
高くなってしまうなんていう人もいると思いますが、も
うひとつ気になるのが自動車保険ではないでしょうか。

 

保険料が気になるからといってあまり内容が充実していないような
感じにすると、本当に事故を起こしてしまった時に手厚いサポート
を受けることができなくて、かなり困ってしまう場合もあります。

 

そうなると内容はある程度充実させておくしかないのですが、
その場合は保険料がかなり高くなってしまうという事もあるの
で、保険料に関しては頭を悩ませている人も多いと思います。

 

そんな時は、保険会社の方が決めている
割引サービスに目を向けてみましょう。

 

自動車保険ですが、等級によっても確かに保険料が違ってき
ますが、実はそれ以外にも色々と割引サービスがあります。

 

自動車保険はその車に乗る人を限定すると、
それだけで保険料が安くなっていくのです。

 

例えば、運転する人の年齢を制限するだけでも保
険料が何パーセントか割引かれて安くなります。

 

また、年齢だけでなく乗る人そのものを限定することもできます

 

車といえば、大体の車は不特定多数の人が運転するのではなくて、
それを運転する人はまずは限られていると言って良いでしょう。

 

自家用車の場合であれば自分だけが運転するという場合もありま
すが、それ以外には夫婦で運転するだけという車も多くあります。

 

もちろん子供がいて、その子の年齢が18歳以上になっている
場合はその子も運転する事もありますが、子供がすでに自立
しているとか、まだかなり子供が幼い場合などは、結局夫婦
しかその車を運転しないなんていう事も珍しくありません。

 

したがって、そういう時は夫婦限定にするのをおすすめします。

 

これは運転する人を夫婦に限定することに
よって、保険料を安くするサービスです。

 

夫婦以外が運転したときは保険を使うことができない
ので注意しなければなりませんが、こうしてかなり運
転する人を限定することによって、限定を付けていな
い時に比べると保険料の割引率が大きくなります。

 

繰り返しますが、夫婦限定にすると、夫婦以外が運転を
して事故を起こした時は保険を使うことができません

 

もしそれ以外の人が運転する必要がある場合は、1
日単位
とかで加入できる保険があるので、そういう
保険にその時だけは加入するようにしましょう。

こういう自動車保険は避ける方が無難

自動車保険といえば、万が一の事故の時を考えてしっかり
とした補償内容のものに加入しておくのがおすすめです。

 

やはり転ばぬ先の杖、何かあった時に後悔しても遅いので、何も
ないうちからしっかりと準備しておくのが重要と言えるでしょう。

 

さて自動車保険ですが、どこの保険会社を選
んでも同じと思っている人はいるでしょうか?

 

違うとしても保険料くらいで、「まぁどこに加入しても同
じじゃないか
」なんて思う人は結構いるかもしれません。

 

ですが、実際にはそうではありません。

 

自動車保険は、やはりそれぞれの保険会社によ
ってその内容も違えば付帯サービスも違います。

 

もちろん、保険料も違うのでどこの会社のものを選
んでも同じかと言ったらまったくそうではなくて、
選んだところによってかなり違うものなのです。

 

といっても、自動車保険は使ってみなければその保険の良
し悪しは分からないのではないかと思う人もいるでしょう。

 

別に毎年保険料を支払っているだけで、ロード
サービスを使うこともなければ、その保険が良
いか悪いかなんて実はなかなかわかりません。

 

ですが、実際に保険を使うときにあまり良くない保険
会社を選んでいる場合、なかなか保険料を支払っても
らえなかったりして困ってしまう事があるのです。

 

では、どういうところが悪い自動車保険なのでしょうか。

 

その一つは、実際に代理店などで説明を求めて
しっかりと質問に答えてくれないところです。

 

普通に考えて、その人の専門としているものに関し
てはある程度基本的なことは答えられるはずです。

 

それが出来ないというようなところは、あまり良い保険とは言えません。

 

また、保険料の安さのみを勧めてくるところも少
々考えものです。もちろん利用者の立場からした
ら安い自動車保険に越したことはありません。

 

ですが、実は安さ以上に重要なのがその補償内容なのです

 

自動車保険など、保険はそれを使うまではどん
な内容であっても別に困ることはありません。

 

しかし万が一のとき保険を使おうとしたら思ったほど色々と補償し
てもらえなかった、なんていう事になったらどうなるでしょうか。

 

そうならないためにも、重要なのはし
っかりとした補償ということなのです。

 

したがって、値段の安さのみを勧めてくるところは要注意です。

 

後は、保険を使おうとした時になかなか保険金を支払って
くれない保険会社です。自動車事故を起こした場合、なる
べく早く解決したいと思うのはごく自然なことでしょう。

 

ですが、支払いが遅かったらそれだけ解決
まで時間がかかってしまうということです。

 

自動車保険は手厚い補償でしかもスピー
ディーな事故解決力
、これが重要です。

 

それを期待できそうにないような自動車保険は、避けるのが無難です。

保険代理店の良し悪しの見分け方

代理店型自動車保険のメリットと言えば、保険料が割高な代
わりに代理店による充実したサービスが受けられることです。

 

しかし、すべての代理店が割高な保険料を支
払う価値のある代理店であるとは限りません。

 

現在加入している保険代理店が良い代理店か悪い代理
店かは、どのようにして見分ければいいのでしょうか。

 

けれど、この代理店は良い代理店で、あっちの代理店は悪い代理店
といったように業者ごとに良し悪しが決まるとは限らないのです。

 

同じ代理店であっても、加入者によっては良い代理店であ
ったり悪い代理店であったりと意見が分かれるものです。

 

なぜなら、代理店としての良し悪しとは、その加入者との
コミュニケーションの質によって異なってくるからです。

 

良い代理店であれば、抽象的な相談をしても親身にな
って的を射た保険プランを提案してくれるはずです。

 

例えば、子供が生まれたので保険内容を見直したいとか、も
っと抽象的に言うならば、今の自分に必要な補償内容はどの
ようなものか?
といった質問をしてみると良いでしょう。

 

それに対する応対が迅速かつ最善ならば、それは良い代理店と言えるでしょう。

 

逆に的外れなことを言う場合はもちろん、必要以
上の補償を勧めてくると感じた場合は要注意です。

 

また、良い代理店であれば特に何もしなく
ても代理店側から声掛けがあるはずです。

 

1年を通じて契約更新の時にしか連絡をして
こない代理店は、変更したほうが良策です。

 

車を購入したディーラーでそのまま任意保険に
加入し、それっきりだという人もいるでしょう。

 

ディーラーのような兼業代理店の場合はあまり保険に力を
入れていない場合がほとんどですから、注意が必要です。

 

ただし、ディーラー兼代理店が悪いというわけではありません。

 

車の売買を通じて良好な関係であれば、保険
代理店としても良い代理店として機能します。

 

また、車の修理や車検の時にもついでに保
険の話もできるというメリットもあります。

 

このあたりのバランスを考えて、更新前には考察に考察を重ねましょう。

 

もしあまり良くない代理店と契約しているなと思っている人
は、複数の自動車保険を見てみることをおすすめします。

ディーラーで保険契約するデメリット

新しく車を購入する際、自動車保険にも加入することになります。

 

自賠責保険は強制加入なので車購入と同時に契約を結ぶこと
になりますが、任意保険に関しては補償内容、保険料、特約
などを考慮して納得のできるものを選ぶ必要があります。

 

しかし、特にこだわりがなくディーラーや販売店に
おすすめ自動車保険だと勧められるがまま契約をす
る方も多いですが、その場合、しっかり契約内容
補償プランについて確認をすることが重要です。

 

その際、ディーラー側の担当者が保険にも精通して
いるならば問題はありませんが、一般的にそうでは
ないケースが多く、また今後の対応についても注意
しておかなければならない点がいくつかあります。

 

ディーラーに自動車保険の見積りを依頼することの
メリットは、おもに車に関することと保険に関する
ことの窓口が同じである
という点が挙げられます。

 

万が一事故にあった際に、修理と保険の取り扱いが同じで、
一括で行うことができるという点が一番の強みでしょう。

 

また自賠責保険の加入も済ませることができるため、
スムーズな保険加入までの流れが実現できます。

 

しかしデメリットとして、まずディーラーは自動車保険
を専業とはしていないため、保険対応については保険会
社に全て任せるといったことが当たり前となっています。

 

何より保険料が高く、補償内容が保険料に見合ったもので
はないといった批判も多いことが、ディーラーで自動車保
険の加入手続きをしてしまう一番のデメリットと言えます。

 

これらの点から、ディーラーでは自賠責保険の加入手続き
は済ませてしまって良いと思いますが、任意保険について
は複数の会社の自動車保険を取り扱う代理店や、ダイレク
ト型のネット保険を選ぶなどの対応が必要と言えます。

 

基本的にディーラーは自動車のプロであって、保険に関しては我
々と同等の知識か、少し理解がある程度
のものと考えられます。

 

自動車保険の見積りを依頼する際に、確かな知識と納得で
きるものを選びたい場合はネット通販型保険を、きちんと
補償内容や保険料について相談しながら決めたい場合は、
保険専業の代理店を通して契約することが大切です。

 

また今後車を買い換える際、これまでのディーラーとは別の販売
店で購入する時に、保険の更新や手続きなどでこれまでのディー
ラーと再度連絡を取らなければならないというのは非常に気まず
いものだと思いますし、お互いにあまり良い思いはしません。

 

ですので、しっかり保険と車を分けて契約を結ぶ
ようにする方が、より柔軟なカーライフを送る上
でも重要なことだと言えるのではないでしょうか。

 

酒のニオイがした運転手に追突されました

ある休日、夕方に車でゴルフの練習に行った帰りで
の出来事です。時刻は19:30頃だったと思います。

 

県道へ出るのに車が混雑していて、信号が変わるのが早い
せいか少し走ったりまた止まったりしたりしていました。

 

「お腹すいたな〜」なんて思っていると、突然「ゴンッ」
という衝突音とともに私の車が前後に揺れたんです。

 

最初は「なんだ地震か?」と思いましたが、
もしかしたらと運転席から後ろを振り向くと...

 

後ろの車両が私の車に追突していました。

 

すいませ〜ん」と、私の運転席の窓から後車の男が現れ、
よそ見しちゃってマジすいません、だいじょうぶっすか?

 

こんなことを男は言ってきましたが...

 

道路が渋滞してたので、「とにかく車を端に止
めましょう」と言って車を動かし降りました。

 

そして追突された部分を男と見て、私が「かなりへこ
んでるな〜」と言うと、男は「いや〜マジすいません、
保険でやりますよ〜
」と自分の非を認めました。

 

「ん!?」このとき男から酒のニオイがしたんです。

 

態度が悪い男の顔色は暗くてわかりませんでしたが、明らかに酒のニオイでした。

 

私は「警察に電話しますね」と伝え、
それから保険会社に連絡を入れたのです。

 

男は観念した様子で、「チョット俺も保険屋
に電話します」
と言って一旦車に戻りました。

 

そうこうしていると警察官が来て、「交番まで行きましょ
う」と言ったので私たちは車に乗りついて行きました。

 

交番の中に入ると、今度は男から香水
のような強烈なニオイがしたんです。

 

私は「酒のニオイを消すためにつけたのか?
それとも飲んだのか?」と疑いました。

 

交番では事故の状況を話し、「後はお互いの話し合い
で」ということで、調書だけ取って一旦は終わりです。

 

一通りの手続きが終わり自宅へ帰ると、しばらく
してから、先ほど事故相手方が電話していたと思
われる自動車保険会社から電話が入ったのです。

 

「この度は、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした」

 

というお詫びの言葉から入り、事故の過失が10:0であることの説明
や、これから送付される資料とその書き方や修理の手続きなどにつ
いても、とても丁寧な言葉で解りやすく説明してくださいました。

 

途中、担当者が変わることもありましたが横の連絡も
スムーズなようで、事故日と名前を言うとすぐに状況
を把握して今後の指示などをしてくださいました。

 

事故後の後遺症などはしばらく経ってから出始めること
もある為、今は大丈夫だと思っても、きちんと病院で診
てもらったほうがいいことを教えていただきました。

 

また、車の修理についても提携している修理会社との連絡がス
ムーズで、修理会社からも電話があったんですが、時間通りに
連絡があり、しかも、やはり丁寧な言葉遣いと詳しい説明があ
りましたので、対応が徹底しているなと感動すら覚えました。

 

大量に送られてきた資料についても一つ一つ確認の電話が
あり、それぞれの資料の手続きが終了したことなどや、治
療費などの振込の事についても説明していただきました。

 

普段これほど丁寧かつ親切にされることはあまりないものですか
ら、事故を受けた身ではありましたが、この保険会社さんとのお
話の時間は自分にとって有意義な時間にすら感じられました。

 

この自動車保険会社の対応で一番心に残っているの
が、電話の度に必ず「今回の対応について失礼や不
備はありませんでしたか?」と聞いてくることです。

 

事故直後に自分の加入している保険会社にも連絡を入れたん
ですが、ここまで丁寧ではなくごくごく普通の対応で、最後
に対応についてどうだったかという質問もありませんでした。

 

事故対応が親切なのはどの保険会社も当たり前にしていることで
はなく、その裏には徹底した社員教育があるような気がします。

 

毎回親切にされて感動して、この保険会社に乗り換えて
しまおうかと思うくらいの対応力のある保険会社だと、
事故を起こした側になった時も信頼できると思います。

 

結果的には、相手方の自動車保険(ソニー損保)において、
私の車両の修理、代車費用・交通費、医療費(むち打ちの
後遺障害の可能性を考慮して病院で検査)、お見舞金、慰
謝料、そして示談金を受け取りこの事故は和解しました。

 

相手方の保険会社の方は迅速かつ丁寧で、私もこの保
険会社に乗り換えようかと思ったくらい優秀でしたよ。

いい加減な自動車保険の選び方に警告

契約はたった1年、されど1年です。

 

その365日の間に何もないとは言い切れないはずなのに、人というのは
自分に限って、何かあるはずがないと心の隅では思っていたりします。

 

そして、いい加減な自動車保険選びをしたために何か
が起こってから「しまった」という目に遭うのです。

 

ところが他の自動車保険との比較をして、その違いから初め
ていま加入している保険が心もとないことに気付くのです。

 

他と比較をしないで、「自動車保険とはこんなものだろ
」と毎年更新し続けている人も少なくはありません。

 

それが金額的にも大きな損をしていますし、何かがあった時にもサポ
ートに問題があったりしますが、気づかずに更新をしているのです。

 

自動車保険の口コミを見ると、未だに保険会社を変える
と今までの等級が引き継がれないとか思っている人がお
り、最初から他との比較をしないという人もいます。

 

したがって、自動車保険は毎年比較することをおすすめします。

 

この自動車保険がトラブルを救ってくれて良かったと満足し
ていても、あるいは何事もなかったので、このまま続けて
用のダウン
を喜ぼうなどということはやめておきましょう。

 

自動車保険会社は、どこも満足度も不満も常にキャッチ
してその分もっと魅力的になろうとしていますので、1
年を経たぬうちにどこも随分と様変わりしています。

 

今まで同じところで更新続けた人は、一度見積り比較をしてみましょう。

 

それで、やはり継続更新をしても良いと思うのです。

 

比較をして、その自動車保険の良さを
さらに知るというのも価値の一つです。

 

需要側のニーズはわがまま放題ですが、自動車保険とい
う供給側の競争もアップしていますから、価格を上げず
にサービスを上げるという工夫を一生懸命しています。

 

特にニーズは多様化していますから、どんな人のニーズにも応
えられるように、カスタマイズできるメニューをたくさん用意
しているという工夫をしているところも増えてきています。

 

また、一般的に誰もが希望する補償やサービスの内容については、
最初から標準のパックものにしてお得を強調するところもあります。

 

色々と見て回ると、本当に自動車保険は
どこも頼もしい限りになってきました。

 

目まぐるしい社会的変化とともに、自動車
利用環境も変わってきているのでしょう。

 

その時代に応じた補償項目が増えてきています。

 

こちらもまた、家族構成の変化で車を運転する人も
増えてきたり、車の主たる用い方も変わってきます。

 

そうなると見積もりの取り直しにもなりますから、
それを機会に複数の自動車保険を見てみましょう。

 

一度比較してみると毎年せずにいられなくなります。

 

>>自動車保険一括見積りサイト

 

>>自動車保険の選び方と節約テクニックのページに進む

 

自動車保険口コミ!安いけれど手厚い補償のおすすめ車保険TOPに戻る